7

POPなポイントを3行で

  • 蜷川実花初のドラマ作品『Followers』が2020年よりNetflixで配信
  • 主人公の女性写真家に金髪姿の中谷美紀、池田エライザも出演
  • TOKYOのリアルを交えながら描く女性たちのそれぞれの生き方

最新ニュースを受け取る

中谷美紀が金髪に! 蜷川実花のNetflixドラマ『Followers』キャスト解禁
2020年初頭、全世界配190か国へ独占配信予定の写真家・映像監督の蜷川実花さんによるNetflixオリジナルドラマ『Followers』のキャストが解禁された。

SNS社会において直接的、あるいは間接的に影響し合う様々なライフスタイルの女性たちの生き様を、現在のTOKYOのリアルを交えながら描く本作。

主人公の人気写真家・奈良リミを演じるのは、金髪姿が新鮮な中谷美紀さん。

台本を読んで「誰かが掲げた“女性の幸せはこうあるべき”という枠にはめられて、幸や不幸をジャッジされてしまいがちな女性にも多様な生き方があること、そして、人が社会と繋がろうとすればするほど、孤独を感じてしまうという残酷な現実がポップに、おしゃれに描かれてい」るという思いを抱いたという。

また、女優を夢見て上京し、挫折を味わいながらも成長していく百田なつめ役に池田エライザさんが発表された。

色鮮やかな演出で世界に発信する“TOKYOライフ”

これまで『さくらん』や『ヘルタースケルター』、さらに2019年公開予定の『人間失格』など、数々の映像を手がける蜷川実花さん。 奈良ミリ役・中谷美紀さん 蜷川実花さんの映像作品には初参加となる中谷美紀さんは、『嫌われ松子の一生』や大河ドラマ『軍師官兵衛』など、数多くの映像作品に出演し、様々な役どころを演じてきた。

監督である蜷川さんのように第一線で活躍する女性写真家という主人公を演じるにあたり、公開された撮り下ろし写真では自身初となる金髪姿を披露。 百田なつめ役・池田エライザさん 共演する池田エライザさんは、共演する中谷美紀さんについて「初めてお会いした時に『リミが現れた』と錯覚し、圧倒的な存在になすすべをなくし身が硬直したのを覚えています!」と、衣装合わせでの出会いの衝撃を語った。

また、池田エライザさんは脚本を読んで受けた印象を「地に足ついて踏ん張る人、這いつくばってでも前に進む人、動けなくなってただ過ぎていく世の中を傍観している人、振り返り嘆いている人、今を生きる全ての人に送る物語だと思いました。」と振り返る。

この本の、強く生きたい。でもやっぱり心は痛い。人間だもん。という人間臭さがたまらなく好きです」という池田さん。

登場する女性たちの数だけリアルライフがあり、蜷川監督の感性と映像によって、強く色鮮やかに映し出されるドラマに、早くも注目が集まっている。

キャストコメント

中谷美紀さん

──映画作品では初タッグとなる蜷川監督の印象
若かりし頃に、写真家としての蜷川実花さんと何度もご一緒させていただきましたが、作品から想像する毒々しさとは裏腹に、柔らかくお話しのしやすい方です。情熱を胸に秘めつつ、あくまでも人当たりは良く、それでいて欲しい画を貪欲に撮るような方なのではないでしょうか。

──最初に台本を読んだ感想
誰かが掲げた「女性の幸せはこうあるべき」という枠にはめられて、幸や不幸をジャッジされてしまいがちな女性にも多様な生き方があること、そして、人が社会と繋がろうとすればするほど、孤独を感じてしまうという残酷な現実がポップに、おしゃれに描かれていて、新たなドラマが生まれる予感がしています。

──カメラマンという職業など、蜷川監督とも重なるところがあるキャラクターについて
撮らずにはいられないという衝動を抱えたアーティストとして、屹立した存在であるリミを演じるにあたっては、蜷川監督の芸術性と大衆性を見事に融合させた作品の数々からインスピレーションをいただきたいと思います。

──まさに今のTOKYO、ニッポンを発信する作品が世界190カ国以上で配信されることへの意気込み
かつてインドの山奥を旅した際に、日本産の軽自動車に「OSHIN」とステッカーを貼って走る人を見かけました。あの「おしん」とは趣向の異なる作品ですが、日本はテクノロジーの分野のみならず、ファッションでも、食文化でも、クールな国として諸外国の皆さんの注目の対象となっているようですので、国境を越えて多くの方々に愛される作品になることを願っています。

──共演の池田エライザについて
同じ街で同じ景色を見ていても、世代が異なり、立場が異なれば、全く違ったものに見えるのでしょうし、その一方で東京で暮らす上での孤独感は誰しもが感じることでしょう。なつめの魂の叫びが垣間見える瞬間を池田エライザさんがどのように演じるのか、その刹那を見逃さずに心のフィルムに焼き付けたいと思います。

──「フォローしている」憧れの女性は?
自身もダンサーでありながら、振り付け師としてドイツのヴッパダール舞踏団を率いた故ピナ・バウシュは永遠の憧れです。彼女が舞台に立つだけで、空気が一瞬にしてピーンと張り詰めるほどの存在感に圧倒されました。それでいて、自身が表に出ることなく、ダンサーたちの内側から湧き出る感情を引き出すことに長けており、毎度新鮮な気持ちで笑わされ、泣かされました。

池田エライザさん

──映像作品では蜷川監督との初タッグとなる監督の印象
10代の頃、上京したてで街に馴染めずにいた時に実花さんにお会いしました。言葉1つ1つの純度が高く、東京というカオスの中で生きる私は、実花さんの存在を正直とても眩しく感じました。会うたびに、心の深いところに寄り添って暖かく見つめてくださる監督と共に作品を作れることがとっても幸せです。

──最初に台本を読んだ感想
地に足ついて踏ん張る人、這いつくばってでも前に進む人、動けなくなってただ過ぎていく世の中を傍観している人、振り返り嘆いている人、今を生きる全ての人に送る物語だと思いました。この本の、強く生きたい。でもやっぱり心は痛い。人間だもん。という人間臭さがたまらなく好きです。

──まさに今のTOKYO、ニッポンを発信する作品が世界190カ国以上で配信されることへの意気込み
東京のカルチャーは今尚も目まぐるしく移ろい続けています。今だからこそ描ける「東京」を最高の鮮度で世界にお届けできるのではないかと思います。そしてその中で生きる人々の葛藤は、きっと国が違えど、共感していただける部分もあるのではないでしょうか。

──女優の卵というキャラクターについて
なつめと共鳴する瞬間は心地がいいです。
ただ、なつめは私ではないので、混ざってしまわぬよう、これは私?これはなつめ?...と自問自答の日々です。似た世界で生きる女の子を演じることがこんなに難しいことなのだと知って、よりやりがいが倍増しました。

──共演の中谷美紀について
中谷さんと初めてお会いした時に「リミが現れた」と錯覚し、圧倒的な存在になすすべを無くし身が硬直したのを覚えています!リミとの出会いをキッカケになつめの日常が猛スピードで変化していく中で、リミの思惑など知らず、ただなつめはなつめとして足掻いていく様を演じていきたいです。

──「フォローしている」憧れの女性は?
ビリー・アイリッシュ。彼女が生み出す音楽に身を委ねたくなる瞬間があります。まだ10代の女の子。
出尽くしたと言われる音楽界にジャブを打ち続け、心から音楽を愛している彼女をみていると、表現することの魅力を再確認できます。

監督 蜷川実花さん
今の東京の空気感をしっかりと捕まえられるドラマにしたいなと思っています。
役の扮装をしたお二人を撮影し、これは観たことのないすごいドラマができるのではとわくわくしました。
長い間あたためてきた企画なので、実現できて本当にうれしいです。

胎動する新たなTOKYOのカルチャー

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「蜷川実花」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 3

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ