16

映画「仮面ライダー」主題歌映像が胸熱すぎる 歴代OPを浅倉大介がリミックス

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

POPなポイントを3行で

  • 『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』主題歌スペシャル映像
  • 浅倉大介が平成仮面ライダー歴代オープニング20曲をリミックス!
  • 当時のオープニング映像に加え、解禁された新映像が主題歌を盛り上げる
12月22日(土)に公開を控える映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』から、主題歌スペシャル映像が解禁。

前作『仮面ライダービルド』の主題歌「Be The One」で小室哲哉さんとのユニット・PANDORAとして担当した浅倉大介さんが、平成仮面ライダー歴代オープニング20曲をリミックス!

浅倉さんが「平成仮面ライダーたちへのリスペクトを込めてリミックスした」と語る主題歌「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVERメドレー D.A. RE-BUILD MIX」、それにあわせて歴戦の平成仮面ライダーたちが映し出される映像は必見だ。

平成を締めくくる『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

2000年放送開始の『仮面ライダークウガ』から現在放送中の『仮面ライダージオウ』まで続く“平成仮面ライダー”。

20作を記念した劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』では、歴代ライダーが集結するということで、平成最後の年末に向けて注目が集まっている。

公開に向けて続々と情報が解禁される中、新たな主題歌スペシャル映像では、初解禁となるシーンも存在する。

最新作「ジオウ」において奥野壮さん演じる主人公・常磐ソウゴらの前に立ちはだかる敵怪人「アナザーライダー」を創り出している、歴史を変えようと目論むタイムジャッカー。

映画で新たに大東駿介さん演じる、「平成仮面ライダー」の歴史を終わらせようとする最強の敵・スーパータイムジャッカーのティードが爆炎の中で立ち尽くす。

そして、突如街中に現れる不気味な塔・ティード城。常磐ソウゴが変身する仮面ライダージオウと、桐生戦兎が変身する仮面ライダービルドというW変身シーンの一部も本映像で初解禁となる。 いずれかの作品を知る視聴者にとって、当時のテレビシリーズのオープニング映像に加えて解禁された映画の最新映像に映し出される歴戦の平成仮面ライダーたちの姿は、胸を熱くさせるはずだ。

※記事初出時、一部記述に誤りがございましたのでお詫びして訂正いたします

ドラゴンボールと並ぶ年末のビッグタイトル

こんな記事も読まれています

作品情報

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

公開日
12月22日(土)
出演者
奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介
声の出演
滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎 / 生瀬勝久
主題歌
「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVERメドレー D.A. RE‐BUILD MIX」 編曲:浅倉大介

■ストーリー
仮面ライダーを愛してくれたあなたへ
常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じていた。まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていくのだ。さらに、二人の前に現れたスーパータイムジャッカー・ティード。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年アタルに出会う。一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまい…。
強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。「仮面ライダーは、現実の存在じゃない。」
彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体…?なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構(フィクション)の存在となってしまったのか?
謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった――

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

6
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ