1811

POPなポイントを3行で

  • 「ヒプノシスマイク」2ndライブのレポートをお届け
  • 出演声優12名のうち11名が登場し会場が熱狂
  • ゲストでラッパーのEGOとKEN THE 390もライブを披露

最新ニュースを受け取る

「ヒプノシスマイク」2ndライブレポ シナリオなしの物語に魅せられて

左から木村昴さん、浅沼晋太郎さん

8月25日、品川ステラボールで「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd LIVE@シナガワ《韻踏闘技大會》」が開催された。

個性あふれるキャラクター、著名MC陣による本格的な作詞・作曲、中毒性の高いMVなどから人気に火がついた「ヒプノシスマイク」(ヒプマイ)。

6月からはユーザー参加型の企画「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- Battle Season」が開幕。CDやグッズの購入で手に入る「バトルカード」からユーザーが各ディビジョンに投票することで、試合の勝敗が決まるというものだ。

8月8日に行われた中間発表では、イケブクロvsヨコハマのバトルはイケブクロがわずかに優勢、シブヤvsシンジュクのバトルは4000票差をつけてシンジュクがリードしていた。

ヒプノシスマイクとの出会い

ヒプノシスマイク 男性声優12人がオリジナルキャラクターに扮してラップするプロジェクト「ヒプノシスマイク」。

イケブクロヨコハマシンジュクシブヤと4つのディビジョン(チーム)に分かれており、ラップバトルを通して領土争いを行っているという舞台設定だ。

各ディビジョンのリーダーは木村昴さん、浅沼晋太郎さん、速水奨さん、白井悠介さんが演じるキャラクターがつとめる。

多くのファンと同様、筆者もまた、ヒプノシスマイクに魅了されているうちの1人である。出会いはとあるイベントだった。

一度聴いただけで耳から離れなくなるような音楽、その場の誰もが熱狂している様子を見て興味がわいた筆者は帰り道に曲をダウンロード。それからはすっかりヒプマイの虜になってしまった。

今回、「Battle Season」の勝敗を決める本イベントが開催。たまらず現地に足を運んだ筆者がヒプノシスマイクのライブをレポートにてお届けする。

当日は最高気温35度以上を記録した猛暑日だったが、中でもここが日本で1番熱い場所だったに違いない。

取材・文:俗・ナナコ 撮影:粂井健太

オリジナルカラーを放つ各ディビジョン

18時の開演に先立って流れだしたのはイケブクロ・ディビジョンのBuster Bros!!!による「IKEBUKURO WEST GAME PARK」。

木村昴さん(山田一郎役)からラップに乗せてライブ中のマナーがアナウンスされる。 BusterBrosの3人 予期せぬサプライズに沸き立つ会場では、イケブクロ・ヨコハマ・シブヤ・シンジュク、各ディビジョンのテーマカラーである4色のジュエルリングライトをはめた手が揺れ、まるでイルミネーションのように輝いていた。

声優陣が登場すると、木村昴さんから「盛り上がっていってくれ! みんな手上げろ!」と声が掛かり、いよいよライブがスタート。

5月に発表された「ヒプノシスマイク –Division Battle Anthem-」からはじまり、「ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-」とアンセムソングが続く。

パフォーマンスはもちろん、舞台演出やスクリーンに映し出されるカメラのカット割りも素晴らしかった。繰り返し見たアンセムソングのMVの構図や表現が会場全体で再現されている。

二次元と三次元が交差した」と感動を覚える瞬間だった。

イケブクロvsヨコハマ

バトルで先頭を切ったのはBuster Bros!!!の3人によるパフォーマンス。石谷春貴さん(山田二郎 役)による「センセンフコク」は先鋒にぴったりの選曲。
石谷春貴さん

石谷春貴さん

天﨑滉平さん(山田三郎 役)による「New star」では、天﨑さんが曲の終わりに「振り返れば一兄(一郎)がいる、ついでに……二郎もいる。」と、二郎と三郎が反目しあっているという劇中の関係性を踏まえてコメント。
天﨑滉平さん

天﨑滉平さん

それに石谷さんが突っ込むというやりとりもあり、会場のイケブクロのファンたちから笑みがこぼれる。

最後の曲「IKEBUKURO WEST GAME PARK」は、身振り手振りをまじえ、ひとりひとりが楽しみながらラップをしているのが伝わってきた。
木村昴さん

木村昴さん

Buster Bros!!!に比べると静的で「クールな大人」という印象だったのは、ヨコハマ・ディビジョンのMAD TRIGGER CREW

神尾晋一郎さん(毒島メイソン理鶯 役)が歌う「What’s My Name?」は繰り返されるコール&レスポンスが特徴。
神尾晋一郎さん

神尾晋一郎さん

ステージに立つ浅沼晋太郎さん(碧棺左馬刻 役)、駒田航さん(入間銃兎 役)に合わせ「り、おー!!!」とオーディエンスも絶叫した。

会場がゆったりとした空気に包まれる中、駒田航さんが浅沼晋太郎さんに電子タバコでシガーキスをする演出が発生。

裏社会で生きる男たちが寄り添い合うヨコハマ・ディビジョンならではのアダルティな演出にオーディエンスからはこの日一番の悲鳴が上がる。

会場の異様な空気をよそに涼し気な表情で電子タバコをくゆらせる2人を見て、筆者も思わず「ずるい……!」と声が漏れてしまった。
浅沼晋太郎さん

浅沼晋太郎さん

3人による「Yokohama Walker」は、サビのメロディに合わせてオーディエンスも大きく手を振り会場が1つになった。

イケブクロ・ディビジョンが再登場すると、Buster Bros!!! vs MAD TRIGGER CREWの曲「WAR WAR WAR」を披露。

特に両ディビジョンの3番手である天﨑さんと神尾さんのにらみ合いは、お互いの額が触れ合うほど激しく、見ている側にも緊張感が伝わる。
左から天﨑滉平さんさんと神尾晋一郎さん

左から天﨑滉平さんさんと神尾晋一郎さん

その後、同曲の作詞を手がけたラッパー・EGOさんもゲストで登場した。

シブヤvsシンジュク

シブヤ・ディビジョンのFling Posseによるパフォーマンスは、野津山幸宏さん(有栖川帝統 役)が歌う「3$EVEN」からはじまる。軽やかにラップを繰り出しながら「フリースタイルやってみようか」と即興でラップを差し込む。
野津山幸宏さん

野津山幸宏さん

欠席した斉藤壮馬さん(夢野幻太郎役)さんのビデオメッセージからの流れにオーディエンスが沸く。続く白井悠介さん(飴村乱数役)のパフォーマンスは、ロリポップキャンディを手に跳ね回り、可愛らしかった。
白井悠介さん

白井悠介さん

唯一2人で臨んだシブヤ・ディビジョンだったが、1人足りないことを全く感じさせなかった上に、普段と違うパートを2人が歌っていることで新しい曲の魅力を感じることができた。

最後には、どこからか取り出したセルフィースティックで自撮りを試みる白井悠介さん。

しかし時間が来てしまい「あ、あ、あ~~~!!…また今度(笑)」と言って下がっていく姿は、ポップで自由なシブヤ・ディビジョンの色を物語っていた。

続いてはシンジュク・ディビジョンの麻天狼が登場。

木島隆一さん(伊弉冉一二三 役)による「シャンパンゴールド」で会場全体が一二三のホストクラブになったかのようなグルーヴ感に包まれる。
木島隆一

木島隆一さん

曲の間、速水奨さん(神宮寺寂雷 役)が曲に合わせて麻天狼のタオルを振っている姿も見ることができ、シンジュク・ディビジョンの仲の良さがうかがえた。
伊東健人さん

伊東健人さん

ラストを飾る速水奨さんの「迷宮壁」は、ダンディな美声が銃弾のように絶えず繰り出される。最後には左右を木島隆一さんと伊東健人さん(観音坂独歩 役)が固めてポーズ。

神々しいまでのパフォーマンスだった。
速水奨さん

速水奨さん

Fling Posseが再登場しての「BATTLE BATTLE BATTLE」では、お揃いのタオルを強調するシンジュクとおそろいのキャンディを見せつけるシブヤ。成人男子同士とは思えないチャーミングな場面も垣間見れた。
FlingPosseと麻天狼

FlingPosseと麻天狼

ゲスト2人目は「BATTLE BATTLE BATTLE」の作詞者であるKEN THE 390さん。「昔の話より明日の話」という歌詞が印象的な「Funk U Up」とともに、会場のテンションを上げる。

たかはし智秋も登場

全ディビジョンとゲスト2人のパフォーマンスが終了し、再びステージ上にキャストが集合。木村昴さんがMCとなり、3誌同時でのコミカライズ連載スタートやTANITAとのコラボ、サンリオとのコラボの3つのお知らせが発表された。 告知コーナー 発表後にサプライズゲストの内閣総理大臣補佐官及び警視庁警視総監、行政監察局局長である勘解由小路無花果 役のたかはし智秋さんの声が響きわたり、会場は騒然となった。 無花果役のたかはし智秋が登場 そして訪れた「Battle Season」の勝敗を決める投票結果発表のとき。

1stバトルでは、131票という僅差でMAD TRIGGER CREWが決勝進出。2ndバトルでは、麻天狼は5000票差をつけて勝利し、決勝進出を果たした。

肩を組んで喜び合うディビジョンや静かに肩を落とすディビジョン、また客席には涙を流すファンの姿も多数見られる。

MCの木村昴さんが決勝進出したディビジョンのリーダーにコメントを求めると、浅沼晋太郎さんは「正直イケブクロが勝たなくてどうするって思ってました。昴(木村昴)はこのヒプノシスマイクというコンテンツを引っ張ってくれました。でも勝っちゃったからには死ぬ気で頑張ります。Buster Bros!!!ありがとう、お前らの想いも持っていくぜ!」と話した。

ヒップホップに人生変えられて、ここまでやってきた。

クロージングにあたってリーダーから一言ずつコメント。

速水奨さんは「死ぬ気でやれば死なないことがわかった。今日はビール3杯は飲みたい」とコメント、白井悠介さんは「僕たちに勝ったんだから頑張ってもらわないとね。でも心残りがあるから……みんなで自撮りしよう!」とセルフィースティックで会場のオーディエンスとの記念撮影を行った。

木村昴さんも「ヒップホップに人生変えられて、ここまでやってきた。こんなにたくさんの人がヒップホップを知ってくれて嬉しい。ヒップホップは本当に面白い! 悔しいのも嬉しいのもヒップホップ、ヒップホップはライフスタイルだから。Buster Bros!!!を応援してくれてありがとう!」と熱い思いを爆発させる。
左からEGOさん、KEN THE 390さん

左からEGOさん、KEN THE 390さん

最後には全員で「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- SPversion」を熱唱し、大歓声と拍手の鳴り止まぬままライブは締めくくられた。

終了後も涙ながらに語り合う来場者の姿を見て、「ヒプノシスマイク」はラッププロジェクトでありながらドラマ的な魅力があると感じた。

出演者とファンがひとつになって初めて完成するテリトリーバトル。投票の結果によって曲はおろか物語さえも進化していくというのは、参加する人間全員の気持ちをエモーショナルに巻き取っていくとてつもないプロジェクトだ。

シナリオが定められている作品とは異なり予測が不可能、だからこそ面白いと言える。

この先にどんな展開が待っているのか目が離せない。 会場の様子 なお、MAD TRIGGER CREWと麻天狼によるファイナルバトルのCDは11月14日(水)のリリース予定。さらに11月17日(土)には東京・お台場のZepp DiverCityにて3rdライブも開催される。

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd LIVE」の写真をもっとみる!

ヒプノシスマイクの熱を感じる

こんな記事も読まれています

関連商品

ヒプノシスマイク Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW

発売 : 2018年5月16日
価格 : 1,500円(税込み)
販売元 : King Record Co.,Ltd.

何度楽しんでもいい

関連キーフレーズ

「ヒプノシスマイク」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 1807

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ