24

上村一夫原画展「血とエレジー」 昭和の絵師が描く、強い女の生き様と情念

上村一夫原画展「血とエレジー」 昭和の絵師が描く、強い女の生き様と情念

上村一夫原画展「血とエレジー」

POPなポイントを3行で

  • 上村一夫原画展「血とエレジー」が6月12日から開催
  • 阿久悠・上村一夫による幻の漫画作品『人喰い』発売記念
  • 活版印刷カードや上村一夫コラージュ作品も展示
著:阿久悠/画:上村一夫による幻の漫画作品『人喰い』の発売を記念して、6月12日(火)から7月1日(日)までの期間、東京・松陰神社前の古本屋「nostos books」で上村一夫原画展「血とエレジー」が開催される。

強い女の生き様を描いた上村一夫

今回の展示では、昭和の絵師と呼ばれた上村一夫が描き続けた女の強さと哀しさを「血とエレジー」というテーマで展開。 ドロドロとした女の情念、置かれた環境に流されない逞しさ、強い女の生き様。数々の名作に描かれた情感溢れる世界が味わえる。

展示初日は昭和歌謡における稀代のヒットメーカー・阿久悠と上村一夫による幻の漫画作品『人喰い』の単行本の発売日。期間中は会場であるnostos booksで購入できる。

購入者先着30名には上村一夫ポスターがプレゼントされる。

『人喰い』は、互いに天才と認め合い生涯の友だった2人が、1971年に描いた異色漫画。芸能界で勝ち残るために他者を喰いつくしていく一人の女を、作詞家として業界に名を馳せた阿久が斬り込み、上村が艶のある筆致で華を添えた、刺激的かつ隠れた名作だ。

新作オリジナルアイテムは活版印刷カード

展覧会の開催に合わせてオリジナルアイテムを販売。 1977年1月から1980年9月までの期間、スポーツニッポン日曜版に連載されていた上村一夫の挿絵入りコラム「浮世絵」シリーズからイラストを厳選。活版印刷カード5種類を制作した。 会場では、これら「浮世絵」シリーズの原画も展示される。

コラージュ作家・石井利佳による上村一夫コラージュも

さらに、nostos books店長でありコラージュ作家でもある石井利佳が、上村一夫作品を使って新たにコラージュ作品を発表。 石井は、英国ダブの雄エイドリアン・シャーウッドのレコードジャケットや、フルカワミキのCDジャケット、銀座線リニューアルCMのコラージュ作品などを手がけてているアーティスト。

上村一夫作品をモチーフにどんな作品を生み出すのか、イベントのスタートを楽しみに待ちたい。

なお、展示に合わせた古書も厳選して展開。上村一夫の作品に触れ、作品世界を深める機会になりそうだ。

あなたもユーザー記事を書いてみませんか?

こんな記事も読まれています

イベント情報

上村一夫原画展「血とエレジー」

期間
2018年6月12日(火)〜7月1日(日)
会場
nostos books 東京都世田谷区世田谷4-2-12
時間
12:00~19:00 水曜定休
電話
03-5799-7982

【上村一夫(かみむらかずお)プロフィール】
1940年(昭和15年)3月7日、神奈川県横須賀市生まれ。 1962年(昭和37年)、武蔵野美術大学デザイン科卒業。 同年、広告代理店・宣弘社入社。 イラストレーターとして広告制作に携わるが、同社員の阿久悠氏と知り合ったことから、劇画の世界に入る。

1967年(昭和42年)、『月刊タウン』創刊号「カワイコ小百合ちゃんの堕落」でデビュー。翌年、『平凡パンチ』連載の「パラダ』(原作・阿久悠)で本格的に劇画進出。以後、「同棲時代」、「修羅雪姫」(原作・小池一夫)、「しなの川」(原作・岡崎英生)など叙情的な名作を次々と発表。

特に「同棲時代」は"劇画史に一時代を画した"と評されるヒット作品となった。また、その流麗な筆画から"昭和の絵師"と称され、月産400枚の原稿を手掛ける多忙さを極めた。

1985年11月、下咽頭腫瘍で入院。 翌1986年(昭和61年)1月11日、逝去。享年45歳。2017年にはフランスのアングレーム国際漫画祭で遺作賞を受賞。
https://kamimurakazuo.com/

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

17
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ