773

最新ニュースを受け取る

能年玲奈『ホットロード』、主題歌は尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」

公式サイトのスクリーンショット

紡木たくさん原作の少女マンガ「ホットロード」が、能年玲奈さん主演で実写化される。この度公式サイトも公開された。

全国上映は2014年8月16日(土)から、主題歌は尾崎豊さんの名曲「OH MY LITTLE GIRL」に決定。

80年代を代表する人気マンガが実写映画化

「ホットロード」は、1986年から約1年間『別冊マーガレット』にて連載され、コミックス全4巻ながら累計発行部数は700万部を超える不朽の名作マンガ。

湘南を舞台に、自分は誰からも愛されていないと悩み葛藤する14歳の少女・宮市和希が、ある日暴走族の春山洋志と出会い、不良の世界に惹かれていく、というストーリーだ。

宮市役は、2013年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン・天野アキを演じて大ブレイクを果たした能年玲奈さんが、春山役は、三代目J Soul Brothersの登坂広臣さんが演じると発表されていた。

また、監督は、浅野いにおさん原作の「ソラニン」や「僕等がいた」の三木孝浩さん。脚本は「岳-ガク-」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の吉田智子さんが手がける。
rerehr

ティザーサイトのスクリーンショット

実はこの「ホットロード」、2013年10月に公開されたティザーサイトがあまりにも簡素すぎるということで、キャストやスタッフの豪華さとは違う意味で話題になっていたことも。

そして今回、ついに正式な公式サイトが公開された。そこには、透き通るような透明感の能年玲奈さんと、芯の強そうな目で遠くを見つめる登坂広臣さんの姿がある。

公式サイト公開、主題歌は尾崎の名曲

公式サイトによると、全国上映は2014年8月16日(土)。そして、主題歌は、尾崎豊さんの往年の名曲「OH MY LITTLE GIRL」が起用されることが明らかになった。

尾崎豊さんは、26歳という若さで死去した、80年・90年代を駆け抜けたロック歌手。同曲は、もともとは1984年「十七歳の地図」のB面に収録された曲だが、その死後、1994年にシングルとして改めてリリースされ、人気テレビドラマ『この世の果て』の主題歌に使用されたこともあって、100万枚を超える大ヒットを記録した。

当時「ホットロード」を読んでいた世代には、この「OH MY LITTLE GIRL」はまさに青春ど真ん中だろう。


キャストにスタッフ、主題歌と、夏の公開に向けて、「ホットロード」にますます注目が集まっている。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「OH MY LITTLE GIRL」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 104

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ