130

最新ニュースを受け取る

ウルトラ怪獣の設定資料集が刊行 1971年-1980年の作品が一挙掲載

『ウルトラ怪獣アートワークス 1971-1980』

1971年から1980年にかけてテレビ放送が開始されたウルトラマンシリーズのアートワーク集『ウルトラ怪獣アートワークス 1971-1980』が、2017年2月中旬に発売される。

同書籍のサイズはA4で、資料を128ページに渡ってオールカラーで掲載。価格は2,500円(税抜)となっている。

ウルトラ怪獣ファン垂涎の収録内容!

同アートワーク集に収録されるのは、1971年より放送された『帰ってきたウルトラマン』をはじめ、『ウルトラマンA』(1972年)、『ウルトラマンタロウ』(1973年)、『ウルトラマンレオ』(1974年)、『ウルトラマン80』(1980年)に登場する怪獣、メカ、基地、ウルトラヒーローなど。 上記作品について、ウルトラマンシリーズの製作を行う円谷プロダクションに残されているアートワークのすべてが収録。これまでは未発表だったものも含めたデザイン画、ラフ画やイメージイラストといった資料が掲載されるということだ。

しかも、その資料はトリミング(切り抜き)やクリーンナップ(清書)をされたものではなく、メモや指示書きもそのまま

なかなか知ることができない製作の裏側に一歩近付ける、ファン垂涎の作品になっている。 『ウルトラ怪獣アートワークス 1971-1980』2 また、ボーナストラックとして、2017年にBlu-ray化される『ウルトラマンG』『ウルトラマンパワード』のアートワークも収録。

アートワーク集のタイトルや公開されたイラストやキャッチコピーとなっている「ついに怪獣たちが一斉に目を覚ました」という文言からも、ウルトラ怪獣たちがメインになっていることが予想できる。

公式サイトや公式Twitterなどにまだ情報は少ないが、今後発表される続報に期待したい。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ウルトラマン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 91

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ