160

好感度上げて解像度も上げろ! ドット絵恋愛ゲーム『どとこい』が話題

好感度上げて解像度も上げろ! ドット絵恋愛ゲーム『どとこい』が話題

『どとこい』/制作者・黒城ろこさんTwitter(@kuro87)より

ドット絵で描かれたヒロインが、好感度が上がるにつれて画質が良くなっていくという恋愛シミュレーションフリーゲーム『どとこい』が、ネット上で注目を集めている。

このゲームを制作したのは、イラストレーターの黒城ろこさん。

WindowsとMacに対応しており、特設Webサイトやフリーゲームポータルサイト「Freem!」(Windows版のみ)より、無料でダウンロードすることができる。

ドット絵恋愛ゲーム『どとこい』とは?

制作者・黒城ろこさんTwitter(@kuro87)より

『どとこい』は、高校の入学式当日に「美少女の解像度が悪くなりすぎてもはや■に見えてしまう」呪いにかけられた男子高校生を主人公とした恋愛ゲーム。

会話中に表示される適切な選択肢を選び進め、ヒロインたちの好感度を上げていくことでグラフィックが変化し、彼女たちの姿が明らかになっていく。

制作者・黒城ろこさんTwitter(@kuro87)より

初期段階では、ヒロインたちはドット絵どころかただの四角形で描かれており、もはや色でしか区別がつかない。リアルな背景とのギャップがハンパない。

しかし、それぞれ性格の異なるヒロインたちが集っており、もぞもぞ動いている四角形すらもちょっと愛らしく思えてしまう。創造力豊かな人であれば、たとえ呪いをかけられていてもキュートなヒロインの姿が画面の向こう側に見えるのだろうか……?

『どとこい』特設Webサイトより

攻略対象となるキャラクターは4人+αで、プレイ時間は全ルートで1時間程度と難易度は低め。それぞれのヒロインには、皮肉なのか好きな図形というキャラ設定も。

制作者・黒城ろこさんTwitter(@kuro87)より

攻略対象ではない男性キャラクターだけは、はじめからガッツリと美麗なグラフィックで描かれている。なんか悔しい。

ドット絵(はじめは四角形?)のヒロインたちとともに繰り広げられる恋愛ゲーム『どとこい』、果たして彼女たちはどんな美少女なのか? その姿はあなたの目で確かめてもらいたい。
どとこい実況プレイ(ゆっくり)(ほぼ実況無し)
YouTubeやニコニコ動画では、さっそくプレイヤーによるゲーム実況動画も上がっているので、気になる方はこちらも要チェックだ(ネタバレ注意)。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

140
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ