604

最新ニュースを受け取る

【VOCALOID4 Fukase】スターライトパレードを歌ってもらった【特典小冊子版デモ】

ロックバンド・SEKAI NO OWARIのボーカルであるFukaseさんの声をもとにしたVOCALOID(ボーカロイド)ライブラリ『VOCALOID4 Library Fukase』で作成された楽曲が、権利元からの著作権侵害の申し立てによりYouTubeから削除されたことがネット上で話題になった。

しかしその後、その申し立てが撤回され謝罪のメールが届いたことが、楽曲を手がけたタカオカミズキさんのTwitterで明らかになった。

神調教すぎて権利元がFukaseさん本人と誤解?

SEKAI NO OWARI『スターライトパレード』
タカオカミズキさんが手がけた楽曲は、SEKAI NO OWARIの人気楽曲「スターライトパレード」。

『VOCALOID4 Library Fukase』に付属する特選小冊子用に制作された、ボーカロイドの基本的な操作方法を学べるデモ楽曲となっている。 タカオカさんは、この音源をYouTubeで私的に公開していたのだが、権利元が「Fukaseさん本人の歌が使用されている」と誤解したのか、著作権違反の申し立てにより音声が非公開にされてしまうという事態に。 これに対しタカオカさんは異議申し立てを行ったものの、権利元には二次創作だと信じてもらえずしばらくは承認されなかった。

しかし、「審査の精度は別として『公式に誤認された』という事実は謳い文句として最高ですね」とつぶやいているように、本人にとってもまんざらでもなかったようだ。 そして、それから約半月が経った3月1日、著作権侵害の申し立てを撤回するとともに、権利元から謝罪のメールがタカオカさんのもとに届いたことが本人によって明かされた。YouTubeにアップされた音源も、現在は正常に公開されている。

YouTubeでは、自身が権利を有する映像や音声などをYouTubeのデータベースに登録することで、それらのデータが使われたコンテンツが投稿された際に権利元に通知される「コンテンツID」という著作権管理システムが導入されている。

権利元側は、この通知をもとにコンテンツをブロックするなどの最終的な処遇を決められるのだが、いわゆる「歌ってみた」動画やボーカロイドで制作された楽曲は、特に営利目的ではない私的利用については二次創作の範疇として捉えられている。

今回は、やはり「とてもボカロとは思えないほど本人の歌声に酷似していた」ことから誤解を招いて引き起こされた事態だと考えられる。恐るべしボカロの技術……。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Fukase」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 413

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
CKS

CKS 認証済みアカウント

人間と人間を模したものが間違われるSF すでに発生しつつある・・・

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ