春のセンバツ行進曲「恋するフォーチュンクッキー」に決定!

春のセンバツ行進曲「恋するフォーチュンクッキー」に決定!
春のセンバツ行進曲「恋するフォーチュンクッキー」に決定!

画像は公益財団法人日本高等学校野球連盟のWebサイトのスクリーンショット

毎年、阪神甲子園球場で行われている日本の春の風物詩、選抜高等学校野球大会──通称センバツ

夏に同会場で行われている全国高等学校野球選手権記念大会に負けず劣らずな熱戦が繰り広げられている同大会だが、2014年3月21日(金)から開催される第86回選抜高等学校野球大会の入場行進曲が、AKB48のヒットソング『恋するフォーチュンクッキー』に決定した。
関連記事
【追記】サイバーだけじゃない! 『恋するフォーチュンクッキー』要注目動画まとめ

毎年ヒットソングが選出される、センバツ入場行進曲

センバツの開会式で選手の入場行進時に流される楽曲は、その時々のヒットソングが選ばれるのが慣例で、毎年ファンの注目を集めている1つの要素。今年は、発売されるやいなや、様々な企業や団体がそのダンスを真似る動画をアップしたことで社会現象となり、182万枚を越える売上を記録した『恋するフォーチュンクッキー』が選ばれたと2014年1月10日(金)に日本高校野球連盟が発表した。

歴代行進曲を振り返ってみると、世相の反映具合が手にとれて興味深い。

例えば、1932年の第9回大会では戦時中ということもあり『爆弾三勇士の歌』が選ばれていた。一方戦後では、1962年の第34回大会では坂本九さん『上を向いて歩こう』、1989年の第61回大会には光GENJIの『パラダイス銀河』、西暦の節目となる2000年の第72回大会には宇多田ヒカルさんの『First love』が選ばれており、当時のヒットチャートが目に浮かぶ人も多いだろう。
恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式]
ちなみにAKB48の楽曲が選ばれるのは、2012年の第84回大会での『Everyday,カチューシャ』に次いで2回目。

熾烈なトーナメントを戦う球児にとって、今回の入場曲の「あっと驚く奇跡が起きる」「未来はそんな悪くないよ」という前向きな歌詞は、きっと彼らの背中をおしてくれれうだろう。アツくも清々しい戦いに期待したい。

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。