59

「コミケ89」3日間で52万人が来場 写真で振り返る祭典の軌跡

「コミケ89」3日間で52万人が来場 写真で振り返る祭典の軌跡

「コミックマーケット89」

12月29日(火)から31日(木)にかけて東京ビッグサイトにて開催された、世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット89」(C89)が無事終了した。

コミックマーケット準備会のアナウンスによると、1日目は15万人、2日目は17万人、3日目は20万人が来場し、3日間の総入場者数はのべ52万人を記録。

冬に開催されるコミックマーケット(冬コミ)としては過去最大の来場者数を記録した2014年冬の「C87」を約3万人下回る結果となった。

それでもハンパなく盛り上がった「C89」!

1日目の来場者数は15万人と、例年より少ない記録となったものの、開幕直後から大勢の人々が押し寄せていた。

人気サークルに並ぶファンの方々

そんな中、今回の「C89」より、警察からの強い警備強化要請を受けて、一般参加者に対する手荷物確認を実施。

開場前の待機列などにて、危険物などの持ち込みがないか確認を促すアナウンスが随時行われたが、特に大きな混乱は見受けられなかった。

やはり『おそ松さん』は大人気

西地区4階の企業ブースでは、今回初出展となった丸井グループより、女性を中心に人気を集めるTVアニメ『おそ松さん』のグッズが販売され、1日目は開幕からわずか1時間ほどで完売。 イラストコミュニケーションサービス・pixivのブースには、松野家の6つ子に扮したコスプレイヤーさんが登場し、会場を賑わせていた。

ニトロプラス「エロ絵大全」に長蛇の列

また、ゲームメーカー・ニトロプラスのブースでは、同メーカーの18禁PCゲームに登場するエロCGをすべて収録した冊子「ニトロプラス エロ絵大全」を無料で配布。

終了間際の時間出会ったにもかかわらず多くの人々が冊子を求めて集まり、階下のスロープまで長蛇の列がつくられるというカオスな事態に。

寒空の下でも輝きを放っていたコスプレイヤーたち

唄伽いくさん/『戦姫絶唱シンフォギアG』雪音クリス

たくやさんたち/「FBI」併せ

会場各所に用意されたコスプレエリアでは、人気アニメのキャラクターからマニアックなコンテンツまで、さまざまなコスプレイヤーさんが思い思いのコスプレを披露していた。

2020年東京五輪に向けて拡張工事中の東京ビッグサイト

前回の「C88」で開催40周年を迎え、さらなる盛り上がりを見せている同人文化とコミックマーケット。

しかし、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに際して、現在の会場となっている東京ビッグサイトの一部が利用できなくなる恐れもあり、参加者の間では不安の声が相次いでいる。

現在、東京ビッグサイトでは東京五輪の開催に向けて拡張工事が行われているが、今後のコミックマーケットの動向も気になるところだ。 KAI-YOU編集部では、今後も「C89」密着取材の様子を順次お伝えしていくので要チェック!

こんな記事も読まれています

イベント情報

コミックマーケット89(現在は終了)

日程 有明・東京国際展示場(東京ビッグサイト/有明臨海副都心)
場所 2015年12月29日(火)~31日(木)
時間 出展サークル 10時~16時
企業ブース 10時~17時(最終日は16時)
コスチュームプレイ10時~16時(最終日は15時)

関連キーフレーズ

「2015」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 19

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
連載
コミックマーケット89
全23記事

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ