846

30年周年記念「ピクサー展」 トイ・ストーリーなど制作過程に迫る

30年周年記念「ピクサー展」 トイ・ストーリーなど制作過程に迫る

スタジオ設立30周年記念「ピクサー展」公式Webサイトより

フルCGアニメ映画の名作『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』をはじめ、数多くの作品を送り出してきた映像制作会社・ピクサー・アニメーション・スタジオの設立30周年記念となる展覧会「ピクサー展」が、東京都現代美術館で開催される。

本展では、これまで同社が手がけてきたアートワークのほかインスタレーションも展示。会期は、2016年3月5日(土)から5月29日(日)までとなっている。

「トイ・ストーリー」から最新作まで ピクサーの歴史をふり返る

インサイド・ヘッド (日本語吹替版) - 予告編

ピクサー・アニメーション・スタジオは、1986年に設立。主にコンピュータグラフィックスを用いたアニメーションの制作を行い、1995年には劇場公開された長編映画として史上初となるフルCGのアニメーション作品『トイ・ストーリー』を公開。世界中で爆発的な大ヒットとなった。

それ以降『モンスターズ・インク』、『ファインディング・ニモ』、『カーズ』など独創的な物語と高い技術による精巧なCGで人気作を世に送り出してきた。喜怒哀楽など、人間の感情を題材とした最新作『インサイド・ヘッド』でも高い評価を獲得している。

また、2006年よりウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社となっている。

スタジオ設立30周年記念「ピクサー展」公式Webサイトより

「ピクサー展」では、ペインティング、ストーリーボード、キャラクターの模型など、新作を含むこれまでのピクサーの30年間にわたる仕事を紹介。

ストーリー制作から手描きスケッチ、世界観やキャラクターを生み出していく過程を垣間見ることができそうだ。

こんな記事も読まれています

イベント情報

スタジオ設立30周年記念展 ピクサー展

会期
2016年3月5日(土)〜5月29日(日)
開館時間
10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで
休館日
月曜日および3月22日(火)
※ただし3月21日(月・祝)、5月2日(月)、5月23日(月)は開館
会場
東京都現代美術館 企画展示室 1F/3F
(東京都江東区三好4-1-1)
観覧料
一般 1,500円(1,300円)/高校・大学生 1,000円(900円)/小・中学生 500円(400円)
※()内は前売り料金。未就学児は無料

関連キーフレーズ

67
778
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ