253

最新ニュースを受け取る

TRIGGERオリジナルTVアニメ「キズナイーバー」 岡田麿里、三輪士郎参加

『キズナイーバー』キービジュアル

10月10日(土)、アニメスタジオ・TRIGGERによるオリジナルTVアニメーション『キズナイーバー』の制作が発表された。

シリーズ構成/脚本には『とらドラ!』『心が叫びたがってるんだ。』等の仕事で知られる岡田麿里さん、キャラクター原案にはクリエイター集団・supercellにも所属するイラストレーター/漫画家の三輪士郎さんがクレジットされている。

新たな「キズナ」で生み出される青春偶像劇

『キズナイーバー』は、『キルラキル』でそのアニメーションの技術力と熱量が高く評価されたTRIGGERにとって、オリジナルTVアニメ第二弾の作品となる。

『神劇のバハムート GENESIS』で副監督、『キルラキル』で演出をつとめた小林寛さんが初監督をつとめるほか、キャラクターデザインは新進気鋭のアニメーター・米山舞さんが行う。

気になるストーリーは「キズでつながるキズナの物語」。痛みを共有する少年少女たちの群像劇となる様子だ。

舞台は、埋立地に作られた街・洲籠市。
かつては未来型都市として栄えたこの街に住む高校生・阿形勝平は、
なぜか痛みを感じない不思議な身体を持っていた。
夏休み目前となったある日、勝平は謎の少女・園崎法子の手引きにより、痛みを共有する仲間
「キズナイーバー」の一人に選ばれてしまう。
そして、同様に「キズナイーバー」として繋がれたクラスメイトたち。
しかし、彼らは本来なら仲良くなることのない
別々のグループに属していた。

園崎は言う。「これは、争いに満ちた世界を平和に導くための実験なのです。」
その言葉とともに数々の試練が彼らに降りかかる。

互いの傷を背負うことになった、少年少女たちのひと夏の物語がここから始まる! STORY

放映日はまだ未定だが、すでに公式サイト、公式Twitter、公式Instagramが開始している。今後の動向に注目したいところ。

こんな記事も読まれています

作品情報

キズナイーバー

原作 TRIGGER・岡田麿里
監督 小林 寛(「神撃のバハムートGENESIS」副監督 「キルラキル」演出)
シリーズ構成・脚本 岡田麿里(「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」
「心が叫びたがってるんだ。」)
キャラクター原案 三輪士郎(「DOGS/BULLETS&CARNAGE」連載
「セブンスドラゴン2020」キャラクターデザイン)
キャラクターデザイン 米山 舞(「キルラキル」総作画監督補佐)
音楽 林ゆうき(「ハイキュー!!」)
アニメーション制作 TRIGGER(「キルラキル」)

関連キーフレーズ

「キルラキル」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 92

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ