101

女児限定! 体験型のTDL新プログラム「ディズニー・プリンセス」がうらやましい!

女児限定! 体験型のTDL新プログラム「ディズニー・プリンセス」がうらやましい!

画像は「ディズニー・プリンセス ~ようこそ、リトルプリンセス~」 のイメージ (C)Disney

東京ディズニーリゾートにて、新プログラム「ディズニー・プリンセス ~ようこそ、リトルプリンセス~」が実施される。プログラム対象となるのは小学生以下の女児で、実施期間は2014年1月14日(火)から3月20日(木)まで。

女児限定! ようこそ、リトルプリンセス

この度発表された新プログラム「ディズニー・プリンセス ~ようこそ、リトルプリンセス~」は、東京ディズニーリゾート30周年「ザ・ハピネス・イヤー」がフィナーレを迎える東京ディズニーランドにて、小学生以下の女の子を対象に、ディズニーの〝リトルプリンセス〟として、さまざまな体験を楽しんでもらうというもの。

ディズニー・プリンセスとは、ディズニー作品に登場するプリンセスのキャラクターの総称。白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫、アリエル、ジャスミンといった、女の子に大人気のお姫様キャラクターたちだ。彼女たちは、外見の美しさだけではなく、誠実さや思いやり、勇気を兼ね備え、内面的にも魅力的で、いつの時代も女の子の憧れの的。今回はそんなディズニー・プリンセスと特別なひとときを楽しむことができる様々なプログラムが発表された。

新プログラム「ディズニー・プリンセス」の全容!

1.プリンセス・レッスンブック

プリンセス・レッスンブック

期間中、小学生以下の女の子に、プリンセスのストーリーや彼女の魅力を学ぶことができる「プリンセス・レッスンブック」を配布。

まずはブックレットをゲットし「ディズニー・プリンセスとはなんぞや」を学んだ上で、その後に用意されているプリンセスの内面に近づく体験を重ねていけば、プリンセスになった気分でパークを楽しむことができる。

2.リトルプリンセス・プロセッション

プリンセスになった姿を見てほしい! という願いにも応えるための舞台も用意されている。それが、ミニショー「リトルプリンセス・プロセッション」だ。プリンセスのしぐさや大切なことを学んだ後、プラザで開催されるミニショーで、プリンセス気分で実際にパレードを行う。最後は、キャッスルフォアコートに登場するディズニー・プリンセスとともに、家族やゲストが見守る中、レッスンの成果を披露することができる。

3.シンデレラのプリンセス・ウェルカム

東京ディズニーランドホテル内のビューティーサロン「ビビディ・バビディ・ブティック」を利用した〝リトルプリンセス〟を対象に、「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」で特別なひとときを過ごすことができるプログラム「シンデレラのプリンセス・ウェルカム」も用意されている(1回 3,800円)。詳細は、11月下旬以降、「ビビディ・バビディ・ブティック」オフィシャルウェブサイトにて発表される予定だが、シンデレラとのグリーティングや、一緒にダンスを踊ったりすることで、シンデレラの世界や魅力に浸ることができる特別なプログラムとなる。

4.東京ディズニーランドホテルのプログラム

「塔の上のラプンツェル」をテーマにした客室

さらに東京ディズニーランドホテルでは、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」をテーマにした客室も登場。この客室は、タレット(小塔)内に位置し、夜空に舞う灯りやきらめく花々など、同作品をイメージした装飾が客室の一部にデザインされている。ここに宿泊すれば、一晩中、映画の世界に入り込んだ気分を味わうことができる。

この客室に宿泊する場合、通常利用日1ヶ月前から予約をしなければならない「ビビディ・バビディ・ ブティック」を、宿泊とともに予約することも可能となる。この客室は、東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ「アトラクションもショーもめいっぱい楽しむ 3DAYS」の宿泊ルームとしても選択できるとのことだ。

またホテル内のレストラン「シャーウッドガーデン・レストラン」(ブッフェ)と「ドリーマーズ・ラウンジ」(ロビーラウンジ)では、ラプンツェル、シンデレラ、白雪姫、ベル、オーロラといった、ディズニー・プリンセスをテーマにしたスペシャルメニューも用意される。

以前記事でも紹介したように、30周年記念パレードや限定グッズ販売など、盛り上がりを見せていた東京ディズニーリゾート30周年「ザ・ハピネス・イヤー」もついにフィナーレを迎える。

関連記事

初心者もディズニーランドを200%楽しむための8つのポイント

今回発表された新プログラムは、その最後を飾るにふさわしい豪華な内容となっている。プログラムの対象が小学生以下の女児ということで、ディズニー・プリンセスが大好きな女子中高生や女子大生とっては残念だが、小学生以下の女の子がいる家族は、ぜひ東京ディズニーランドまで足を運んで、夢の時間を過ごしてきてほしい。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

3
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ