LALSH

らるしゅ

東京・渋谷のスクランブル交差点やセンター街で白熊を散歩させ、SNS上で大きな話題を呼んだ謎の団体。その正体はモンデリーズ・ジャパンのキャンディー「ホールズ」のプロモーション企画だったことが、後日判明した。

概要

2014年10月8日(水)、東京・渋谷のスクランブル交差点やセンター街に白熊を散歩させる人物が出現し、軽いパニックが発生。Twitter等で大きな話題となった。

その後、白熊を散歩させていたのは謎の団体・LALSHだったことが判明した。LALSHは今回の事件に際して犯行声明ともとれる動画を公開し、日本人に警告を行っていた。彼らはロシア文学の大作家・トルストイを引用し、「この世界はまったく『戦争と平和』だ。というより『戦争あるいは平和』でしょうか」と発言。白熊を散歩させるパフォーマンスは。平和ぼけした日本人に恐怖をあたえることを目的としたパフォーマンスだったと推測できる。

さらに、ゲームメーカー・ニトロプラスのマスコットキャラクターであるすーぱーぽちゃ子についても言及しており、「YouTubeでぽちゃ子のコスプレをする日本人少女を見るたび胸がどんどん熱くなった。」「日本のコスプレイヤーはウォッカのようなもの。」と語っていることから、日本文化自体には好意的な様子がうかがえる。

そして10月24日(金)には、新宿のスタジオアルタ前にも登場した。白熊が力士と戦ったり、白熊を捕獲しようと特殊部隊もかけつける騒ぎに。白熊は最後に自分で舞台に上がり、クレーンで高く宙づりにされた。そして舞台に掛けられている幕が下ろされ、「ホールズ」の大きな看板が現れたことで、本商品のプロモーション企画であったことがわかった。

この記事へのコメント(0)

更新日: 2071日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ