IRyS

あいりす

IRyS(アイリス)は、バーチャルYouTuber(VTuber)事務所・ホロライブプロダクションの英語圏向けグループ「ホロライブEnglish」に所属するVSinger。2021年7月7日に、ホロライブEnglish内に新ジェネレーション「Project: HOPE」が設立され、同ジェネレーション所属のメンバーとしてデビューが発表された。デビュー配信は、日本時間の2021年7月11日(日)朝10時を予定。

概要

キャラクターデザインは『ギルティクラウン』『BEATLESS』などのアニメや、音楽グループ・EGOISTのビジュアルなどで活躍するイラストレーター・redjuiceが担当した。

デビューを記念して、ホロライブとホロライブENのYouTubeチャンネルでは、デビューPV「希望は此処に在りて」が公開。荒廃した都市にたたずむIRySがアニメーションで描かれている。

また、YouTubeチャンネル登録者数が300万人を突破し、登録者数トップのGawr Gura(がうる・ぐら)を筆頭に、勢いのあるホロライブENの新メンバーだったからか、IRySの発表直後には、アクセス過多でTwitterやYouTubeチャンネルに制限がかかってしまうほど、大きな反響が寄せられた。

プロフィールは以下の通り。

遥か太古、かの楽園に希望をもたらした悪魔と天使のハーフ、「ネフィリム」とも呼ばれている、IRyS。本名を□□アイリス。絶望にまみれた現世は彼女を2回目の目覚めへと誘った(いざなった)。そして彼女は希望を世間に届けたいと再び歌に想いを乗せる。基本はハーフ状態を保っているが、種族としてはまだ幼いため、感情や「他の要素」によってどちらかに傾く可能性がある。それによって容姿も少し変わるらしい。彼女は2回目の目覚めより以前のことはあまり語りたがらない。それは彼女は「希望の化身」ゆえに前向きな姿勢を示しているのか、それともーー。

「人々の助けになるのは未来ではない。未来は自分の手で作るもの。
救いも余計なお世話。救われるなら頑張る気にはならない。
絶望の深淵から見える僅かな光、立ち直れる暖かさ。
ーー希望さえあれば、生きようと、頑張ろうと思える。」

似たようなキーフレーズ

同じカテゴリーのキーフレーズ

情報化社会

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ