EMMA HAZY MINAMI

えまへいじーみなみ

EMMA HAZY MINAMIは、バーチャルシンガー。「エママ」とも呼ばれる。

EMMA HAZY MINAMIとは

EMMA HAZY MINAMIは、2018年11月より活動しているバーチャルシンガー。バーチャル・ミナミのCLUBにいるミステリアスな女性。関西なまり。一人称は「ぼく」。

HAZYとは「もやのかかった」「曖昧な」という意味であり、その正体も曖昧である。国籍や性別、年齢といった規定された自分からの解放の意味を込めている。
ファンアートは#HAZYART

経歴

2018年11月15日に初動画が公開される。

2019年7月6日 ラジオ番組『EMMA Presents Midnight Pretenders』放送開始。MCを務める。

9月9日 初のオリジナル楽曲『hazy』が配信開始。作詞はR Sound Design、作曲はミカヅキBIGWAVE、ビジュアルはりくがそれぞれ担当。

9月16日カバーアルバム配信が発表された。

それにともないクラウドファンディングが立ち上がる。「*初のCD/レコードを制作したい!」と朝日放送テレビ株式会社がプロジェクト実行者として名乗りをあげた。目標だった150万は無事に達成、207万円を集めた。

10月16日 1stカバーアルバム『Cover Selection1 -Midnight Lady-』配信開始。

2019年10月18日にSHOWROOM開設。毎週火曜21時から「EMMA’s BAR」という名の生配信を行い、生歌と生演奏を披露している。そのためファンからは「エママ」と呼ばれることが多い。4月から始まった同配信はYouTubeで行われ、いまでも時折YouTubeで生配信をする。SHOWROOM分の生配信はYouTubeでもアーカイブを投稿する。アーカイブは基本的に1週間限定。リクエストはTwitter提携機能「マシュマロ」から採用している。

11月22日にデビュー1周年記念ライブ「EMMA's BAR in TOKYO@Billboard cafe & dining」を日比谷のビルボードカフェ&ダイニングで開催。

「そして彼女は舞い降りた」VTuber EMMAの遍在性に触れた1周年ライブレポ

嗜好

ブランドにはこだわりはないがロングスカートやパンツを好む。辛口の日本酒が好き。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ