長門有希

ながとゆき

長門有希とは、涼宮ハルヒの憂鬱に登場する宇宙人(情報統合思念体)によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース(TFEI)である。

概要

寡黙な眼鏡の文芸部員として、部室のオマケでSOS団に入団させられた。北高一年生。団員第二号。年齢三歳。身長154cm。

3年前、情報統合思念体の観測した情報爆発の中心に位置していた涼宮ハルヒを観測する為にやってきた。
3年前から容姿がまったく変化していない為、人間同様に「成長」という概念があるのかは不明だが、少なくとも食事だけは食べる(意外と食欲旺盛で、原作では酒豪とも思えるシーンがある)。

同様な存在に朝倉涼子、喜緑江美里がいる。長門有希は他のTFEI端末とは違う何らかの特別な存在ではないかと古泉一樹は考えている模様。
基本的に「長門(さん)」と名字で呼ばれるが、ハルヒのみ「有希」と下の名前で呼ぶ。
CVは茅原実里。

似たようなキーフレーズ

涼宮ハルヒ

涼宮ハルヒシリーズは、『涼宮ハルヒの憂鬱』(すずみやハルヒのゆううつ)をはじめとする、谷川流による日本のライトノベルシリーズ。イラストはいとうのいぢ。角川スニーカー文庫(角川書店)より2003年6月から刊行されている。...

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
更新日: 1746日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ