日本酒

にほんしゅ

主に米と麹、水を原料として発酵させ、それをこしてつくられる日本の伝統的な醸造酒。デンプンの糖化とアルコール発酵が同時に並行して行われる「並行複発酵」と呼ばれる発酵が用いられる。

目次

概要

・製造は工程がきわめて巧妙・複雑。焼酎等のように、蒸留や長期熟成を必要としないため、原料の米・水の良し悪しが直接酒の味や香りに影響を与える。

・原料や精米歩合によって「特定名称酒」と呼ばれる純米酒や本醸造酒、吟醸酒などに分類される。ほかにも製造方法、貯蔵条件などによっても様々な名称がつけられる。

・アルギニン、チロシン、セリン、ロイシン、グルタミン酸など約20種類のアミノ酸が含まれているため、適量の飲酒は胃液の分泌を促進することで食欲増進効果が期待される。また、美肌効果のほか、生活習慣病予防にも有効であることが解明されている。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
更新日: 1664日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ