傑作アメコミ『ウォッチメン』アニメ化、予告編が公開 原作を忠実に再現

傑作アメコミ『ウォッチメン』アニメ化、予告編が公開 原作を忠実に再現
傑作アメコミ『ウォッチメン』アニメ化、予告編が公開 原作を忠実に再現

アニメ版ウォッチメン/画像はYouTubeのスクリーンショット

  • 9 images

アメコミの傑作『ウォッチメン』のアニメ版予告編が6月14日に公開された。

この『Watchmen Chapters 1 & 2』と題した作品の予告編は、Warner Bros. EntertainmentのYouTubeにて公開。

概要欄には「Catch Watchmen Chapters I & II, a faithful animated adaptation of the iconic graphic novel!」と、原作に忠実なアニメ化であることを謳う文言も添えられている。

Watchmen Chapters 1 & 2 | 4K Teaser Trailer

後のアメコミ作品に影響を与えてきた傑作『ウォッチメン』

『ウォッチメン』は、『バットマン:キリングジョーク』や『フロム・ヘル』などでも知られるアラン・ムーアさんが原作のアメリカンコミック。

冷戦の時代を舞台に、「もし、ヒーローが実在したら? 」という疑問を元にしたパラレルワールドを、リアリティある筆致で描写。

コミックでありながらSF文学の最高峰であるヒューゴー賞を受賞。米『TIME』誌の長編小説ベスト100にも選ばれている。

2009年にはザック・スナイダー監督によって映画化。2019年には、現代を舞台に原作の後の世界を描いたドラマ版が制作。

ドラマ版は第72回エミー賞にて、主演女優賞や脚本賞をはじめ、11部門を受賞した。

これまでも報じられてきた『ウォッチメン』アニメ化企画

Warner Bros.は、2017年に『ウォッチメン』のアニメ化企画を発表。2023年には、2024年に公開予定と報じられていた。

アニメ版ウォッチメンのコメディアン/画像はYouTubeのスクリーンショット

YouTubeの動画では、原作のシーンを3Dアニメーションで再現している様子が確認できる。

『ウォッチメン』は2008年に、『Watchmen: Motion Comic』という表題でコミックのコマを動かし音声を乗せた作品が公開されていた(現在は非公開)。

アニメ版ウォッチメンのDr.マンハッタン/画像はYouTubeのスクリーンショット

また、『ウォッチメン』の劇中に登場する漫画『Tales of the Black Freighter』が短編アニメーションとして、2009年のザック・スナイダー版の特典映像と、アルティメット・カット版に収録されていた。

今回のアニメ化は、原作に忠実な作品としては初のもの。『Watchmen Chapters 1 & 2』は近日公開予定となっている。

『ウォッチメン』の派生作品、知ってる?

ついに来た!『ウォッチメン』待望の続編『ドゥームズデイクロック』邦訳版発売.jpg

ついに来た!『ウォッチメン』待望の続編『ドゥームズデイクロック』邦訳版発売

ヒーローを世に問うた名作が、ヒーローの王道とついに交わる! アメコミに多大な影響を与えた傑作『ウォッチメン』が、スーパーマンやバットマンを擁するDCコミックスとクロスオーバーし、スーパーマンたちの歴史すら揺るがしていく作品『ドゥームズデイ・クロック』。 その邦訳版が、12月17日(木)に発売される。 …

kai-you.net
「ビフォア・ウォッチメン」11月30日刊行 「ウォッチメン」の前日譚が遂に邦訳開始

「ビフォア・ウォッチメン」11月30日刊行 「ウォッチメン」の前日譚が遂に邦訳開始

ウォッチメンはアメリカンコミックスの中でも、特に人気の高いキャラクターの一人だ。2012年に米国で刊行を開始した「ビフォア・ウォッチメン」シリーズは、そのキャラクターの前日譚を描く。発刊と同時に、アメコミファンの大きな話題を呼んだシリーズが遂に邦訳とな...

kai-you.net
骨の髄まで『スーサイド・スクワッド』を楽しむためのアメコミ6選レビュー.jpg

骨の髄まで『スーサイド・スクワッド』を楽しむためのアメコミ6選レビュー

批評家たちの悪評をはねのけ、全米でおよそ3億ドルの興行成績を叩き出したアメコミ映画『スーサイド・スクワッド』が、いよいよ日本でも公開!! 本作は『X-MEN』や『スパイダーマン』、『アイアンマン』といった人気シリーズを擁するマーベル・コミックとアメコミの覇権を争う老舗出版社、DCコミックスが満を持して放つ…

kai-you.net
アメコミの巨匠「スタン・リー」以後の世界を我々は生きている.jpeg

アメコミの巨匠「スタン・リー」以後の世界を我々は生きている

2018年11月、スタン・リーが亡くなってしまった。95歳。大往生である。95歳といえば、プロレスラーの力道山より2歳年上だ。 つい最近まで(というか、『アベンジャーズ4』のカメオは撮り終えているらしいので実質死後もということになるが)マーベルのスーパーヒーロー映画にちらっと出演していたスタン・リーは、タイ…

premium.kai-you.net

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

アニメ・漫画の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ