225

最新ニュースを受け取る

ついにiPhone6解禁! これまでにない大きさ・薄さで2モデル登場 発売は9月19日
9月10日2時(日本時間)から、いよいよAppleの新作発表会が始まり、かねてからの予想通りiPhone6の詳細が発表された。

発表会の冒頭からiPhone6iPhone6 Plusという2つのモデルが披露され、これまでの旧型とは比べ物にならないその大きさに、世界中から驚きの声があがっている。

発売は9月19日、予約受付は12日から。年内に115か国で発売予定とのこと。

販売価格は、iPhone6の16GBが199ドル(約2万円)、64GBが299ドル(約3万円)、128GBが399ドル(約4万円)。iPhone6 Plusは、16GBが299ドル(約3万円)、64GBが399ドル(約4万円)、128GBが499ドル(約5万円)となっている。

日本価格も発表された。iPhone6の16GB版が6万7800円、64GBが7万9800円、128GBは8万9800円。iPhone6 Plusは、16GBが7万9800円、64GBが8万9800円、128GBが9万9800円だ。 iPhone6_5

これまでにない大きさ、これまでにない薄さ

iPhone6_2 とうとう発表されたiPhone6は、事前の噂通り2モデル。ともにiOS8を搭載し、CPUはA8のデュアルコアとのこと。

ディスプレイサイズは、これまでのiPhone5Sが4インチだったのに対し、iPhone6は4.7インチiPhone6 Plusは5.5インチというサイズアップを果たしている。それぞれの解像度は1334×750と1980×1080だ。 iPhone6_3 さらに、薄さでも、6は6.8mm6 Plusは7.1mmと、5Sの7.61mmよりもスリムに。 cdd40f7162ec75f70afe88cc4488e160757f5bf2_large また、形状においては、角丸となっているのは旧来のiPhone3Gモデルなどと同様だが、ディスプレイ自体が丸みを帯びているのは今回が初めて。

iOS8は9月17日から提供され、iPhone4s・iPad2以降であれば対応している。

バッテリーも向上、LTEもパワーアップ

バッテリーは、従来よりも駆動時間が伸びている。iPhone6は3G通話で14時間、iPhone6 Plusは24時間。動画再生については、iPhone6が11時間、iPhone6 Plusは14時間。

LTEもパワーアップ、150Mbpsとなり、LTEで通話が可能なVoLTEに対応している。

また、これまではWi-Fi環境では通話出来なかったが、「Wi-Fi Calling」機能にも対応したため通話も可能になった。ただし、通信会社が対応していない場合は不可能。日本の通信会社が対応するかは今のところ不明だ。

カメラは800万画素、オートフォーカスのスピードも2倍高速になっている。カメラ自体は両モデルとも共通だが、iPhone6 Plusの方は光学手ぶれ補正が搭載されている。


さらに、Appleは自社で手軽な決算システム「Apple Pay」を開始する。iOS8提供やiPhone6・6 Plusには間に合わないが、アメリカでは10月に提供開始予定。


もちろんこの他、あらゆる機能が刷新・強化されている。詳細はHPを参照してほしい。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「iPhone6」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 44

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ