44

韓国発Web小説サイト「ノベルピア」コンテスト開催 賞金総額は1000万円

韓国発Web小説サイト「ノベルピア」コンテスト開催 賞金総額は1000万円

「第1回ノベルピアWeb小説コンテスト」

2023年1月2日(月)より、Web小説プラットフォーム「ノベルピア」にて、「第1回ノベルピアWeb小説コンテスト」が開催される。

賞金総額は1000万円。計4種類の賞が用意され、9人の作家たちに贈られる形式となっている。そのうち、大賞受賞者は500万円の賞金を獲得することができる。

コンテスト参加期間は2023年2月28日(火)まで。同年4月に最終選考の結果が発表される。

1PV=最大2円で話題のWeb小説サービス「ノベルピア」

「ノベルピア」は韓国発のWeb小説サービス。2022年8月より日本版を公開し、サイトにアップした作品はPV(ページビュー)に応じた収益が還元されるとして話題となっている。

今回のコンテストで募集される作品は、あらゆるジャンルのWeb小説だ。

初の大型コンテストとなる今回は、小説のジャンルや形式に特別な制限は設けられていない。参加対象も性別や年齢、経歴を問わず参加可能となっている。

また、コンテストに申し込む作品で収益を得ることも可能。今大会に投稿した作品も自動的に登録対象とみなされ、1PV当たり最大2円の収益を得ることができる。

惜しくも受賞を逃した場合であっても、「ノベルピア」の精算金登録の基準を満たせば、いつでも独占申請が可能となっている。

作品審査で重要視な5つの指標

作品ジャンルは問わないものの、「ノベルピア」は今回のコンテストに発表にあわせ、5つの審査基準とその考え方を公表している。
「ノベルピア」第1回Web小説コンテストCM
まずは「発展性」。作品がより良い方向に成長して進むことができるのか、滞りのない進行で読む人たちを楽しませることができるかを指している。

第二の審査基準は「独創性」。従来の作品とは異なる、新鮮な素材で読者の興味を引くことができるか、見る人に一目で興味を持たせることができるか。

その一方で、特に重要視される第三の基準に「大衆性」を挙げている。数多くの読者の心を掴むことができるのかは、大事な指標となるようだ。

第四の基準は「拡張性」。小説作品が他の形式(アニメや漫画等)に変わった時、大きなシナジーを見せることができるか。あらかじめメディアミックスを想定した審査基準は珍しい。

最後は「誠実さ」。コンテスト期間中にどれだけ誠実に作品を投稿したのかも重要な審査基準となる。

コンテスト期間が終わった後も、最後まで読者に向けて作品を書き上げることができるのか。「ノベルピア」はこの基準について、「文章を書く人」なのか「作家」なのかの素養を判別するためと説明している。

Web小説の発展と文化を考える

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

42
Share
1
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ