ラッパーRYKEYKINGDIRTY、また改名 母に怒られ「RYKEYDADDYDIRTY」に戻す

ラッパーRYKEYKINGDIRTY、また改名 母に怒られ「RYKEYDADDYDIRTY」に戻す
ラッパーRYKEYKINGDIRTY、また改名 母に怒られ「RYKEYDADDYDIRTY」に戻す

アルバム『RYKEYDADDYDIRTY』ジャケット

ラッパーとして活動するRYKEYKINGDIRTYさんが、自身のアーティスト名を“RYKEYDADDYDIRTY”へと再び改名することを明かした。

RYKEYKINGDIRTYさんは、地元・八王子の先輩からのアドバイスにより“RYKEYDADDYDIRTY”から“RYKEYKINGDIRTY”へと改名を発表したばかり。

「父」から「王」の名を背負うことについて、ヒップホップコミュニティで大きな話題となっていたが、一週間程度で名前を戻すこととなった。

なお、今回の改名の理由として「お母さんに怒られたから」とInstagramのストーリーで綴っている。

RYKEYDADDYDIRTYというラッパーになるまで

密着:RYKEYDADDYDIRTY 服役と改名、語られた真意
RYKEYKINGDIRTYさんは、2015年にManhattan Recordsからラッパー・RYKEYとしてデビュー。

その後2019年に逮捕・起訴され、約1年の実刑判決が下る。裁判の保釈中にリリースした『BEEF&CHICKEN』、服役中にリリースした『DEMO TAPE』の2作が連続でApple Musicアルバム総合チャートの1位を獲得。

2021年に出所すると、RYKEYDADDYDIRTYに改名して活動を再開。客演にMU-TONさんやREAL-Tさん、道さんを迎え、すべての楽曲のミックスとマスタリングをBACHLOGICさんが担当したアルバム『RYKEYDADDYDIRTY』を2022年3月に発表。

刑務所の中での生活や、ラッパー/父親としての覚悟、家族への思いがエモーショナルにラップされており、RYKEYDADDYDIRTYさんの新たな一面を見せた。

“RYKEYKINGDIRTY”としてはどのような音楽性の変化を見せるのかと期待されていたが、ひとまず当面はRYKEYDADDYDIRTYとしての活動が続いていきそうだ。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

RYKEYDADDYDIRTYさんの深みを知る記事

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

ストリートの週間ランキング

ストリートの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ