118

電子漫画サービス「ピッコマ」営業利益が過去最大 日本アプリ市場で売上1位

電子漫画サービス「ピッコマ」営業利益が過去最大 日本アプリ市場で売上1位

ピッコマに掲載中の『テムパル〜アイテムの力〜』/ KAI-YOU.netで無料試し読み企画実施中

電子漫画・ノベルサービス「ピッコマ」が、2022年9月の日本におけるアプリ市場(App Store、Google Play)の合計売上1位を達成した。

ゲームカテゴリを含む合計売上トップになっており、2022年では5月、6月、7月に続く4度目の達成となった。

堅実な成長で営業利益は過去最大に

『ピッコマ』

「ピッコマ」を運営する株式会社カカオピッコマは、データ分析プラットフォーム・data.aiの集計による以下のデータも公開した。

・日本国内のアプリ全体(ゲームカテゴリ含む)の売上第1位
・グローバルマンガアプリの売上第1位
・グローバルアプリ全体(非ゲームカテゴリ)の売上第7位
・グローバルアプリ全体(ゲームカテゴリ含む)の売上第20位

以上のデータで国内外における「ピッコマ」の堅実な成長を示した株式会社カカオピッコマは、「日本のモバイルアプリ市場は、中国、アメリカにつづく世界第3位の規模であり、多くのグローバルプラットフォームが進出している巨大市場という点からみても、有意義な結果と言えます」とコメント。

全世界のアプリ売上トップ20のうち「ブック」カテゴリのアプリは「ピッコマ」が唯一であること、さらに単一プラットフォームでそれを成し遂げたと発表した。

また、2022年第3四半期基準で「ピッコマ」は月間1000万人以上(MAU/マンスリー・アクティブ・ユーザー)が利用しており、営業利益は過去最大になったという。

日本の電子漫画シーンを代表する存在になった「ピッコマ」

2016年4月にサービスを開始し、2022年8月までに累計3600万ダウンロードを突破している「ピッコマ」(iOS/Androidの合算)。

2020年7月から現在まで、日本の漫画プラットフォームの中で、単一プラットフォームでありながら取引額1位の座を確保し続けている。

漫画の話売り、漫画やノベルなどの形式に最適化されたUIとUX、使用者の好みを反映した作品キュレーションなどでユーザーを増やしてきた。

8月にはユーザーと出版社レーベルをダイレクトにつなぐ「チャンネル」機能を導入するなど、新しい試みもスタートしている。
KAI-YOU.netでも人気作品の無料試し読み企画が随時行われている。
1
2

こんな記事も読まれています

29
Share
3
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ