7

シンガーソングライター草野華余子、全ての断絶を歌う新曲「断線」配信

シンガーソングライター草野華余子、全ての断絶を歌う新曲「断線」配信

草野華余子「断線」

LiSAさんの「紅蓮華」のほか、数多くのアーティストやアニメ作品へ楽曲を提供するシンガーソングライターの草野華余子さんが、5月25日(水)に4th Digital Single「断線」をリリースした。

各定額制音楽サブスクリプションサービスで配信が開始されたほか、YouTubeではリリックビデオが公開されている。
【草野華余子】「断線 」LYRIC VIDEO

岸田教団&THE明星ロケッツ、ヒトリエのメンバーが参加

1年4ヶ月ぶりの新曲となる「断線」は、ベースにヒトリエイガラシさん、ドラムに岸田教団&THE明星ロケッツみっちゃんさん、インストゥルメンタルプログラミングにcadodeebaさんら、草野さんの盟友が多数参加している。

また、ビートプログラミングやレコーディングエンジニアは、岸田教団&THE明星ロケッツの岸田さんが担当している。

草野華余子さん

草野華余子さん コメント

どれだけ電波が届いたって
どれだけWi-Fiが飛んでたって
心をつないで分かり合うのが難しい時代になってしまった
それでも諦めたくなくて書いたのが「Wi-Fi」

あれから二年が経って
ますます混沌とする世界、人と人との衝突、自分の価値観の変化について
思うことをしっかりと遺したいと初めて思いました

これは、全ての断絶を歌った嘆きの歌です

せめて「断線」が貴方の心に届きますように、と
馬鹿みたいに祈るように贈ります

全ての断絶への嘆きを歌った「断線」

「Wi-Fi feat.宮地 慧(memento森) & eba(cadode)」
草野華余子さんは、2020年に人と人との繋がりを独自の視点で描いた「Wi-Fi feat.宮地 慧(memento森) & eba(cadode)」をリリースした。

それから2年、世界は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との付き合い方を模索しながら動き、コロナ渦においても各地で様々な衝突や厄災が生じている。

新曲「断線」は、そうした出来事と向き合い、草野さんに起きた価値観の変化や、思うことをありのままに詰め込んだ、全ての断絶を歌った嘆きの歌となる。

コロナ禍と音楽

こんな記事も読まれています

作品情報

草野華余子 4th Digital Single 「断線」

配信日
2022年5月25日(水)
作詞/作曲/編曲
草野華余子
Recording&Mixing Engineer
岸田(岸田教団&THE明星ロケッツ)
Recording Engineer Assistant
執行航(SOUND INN)
Mastering Engineer
守屋忠慶

関連キーフレーズ

4
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ