59

『東方花映塚』17年の時を経てSteam版リリース プレイヤー間の対戦も可能

『東方花映塚』17年の時を経てSteam版リリース プレイヤー間の対戦も可能

『東方花映塚』ゲーム画面 『東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.』Steam紹介ページより

POPなポイントを3行で

  • 『東方花映塚』がSteamにて発売決定
  • 画面を分割した「対戦型シューティング」
  • プレイヤー同士の対戦も可能
弾幕シューティングゲーム「東方project」シリーズの第9弾となる『東方花映塚 〜 Phantasmagoria of Flower View.』が、PCゲームダウンロードプラットフォーム「Steam」にてリリースされる。発売日は4月25日(月)。

『東方花映塚』は、従来の「東方Project」作品とは異なり2画面で対戦を行うシステム。対戦相手の攻撃、降り注ぐ弾幕を回避しつつ、相手に攻撃を送り込み勝利を目指す。

また、Steam版のリリースにあたり、インターネット対戦機能を実装した「ver1.50a」がベータ配信される。

17年の時を経て、幻想郷に花が咲く

『東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.』Steam紹介ページより

【東方花映塚 バックストーリー】

――幻想郷が蘇生した。

冬の白色は春の日差しに彩られ、幻想郷は完全に生の色を取り戻していた。
冬の間眠っていた色の力が目覚め、幻想郷を覆う。
花と同時に妖精達も騒がしくなる。
その異常な美しさの自然は、幻想郷に住む者全てを驚かせた。

彼女たちはいち早くその異変に気が付いた。

桜、向日葵、野菊、桔梗……
まだ春だというのに、一年中全ての花が同時に咲き出していたのだ。
多くの人間と全ての妖精は、自然からのプレゼントと受け取って暫くその光景に浮かれていた。
だが、幻想郷でもっとも暢気な人間は珍しくあわてていた。

「こんなに判りやすい異変じゃあ、早く解決しないといけないわ。
 じゃないと、私が怠けているってみんなに言っているようなもんじゃない!」

いつも通り、当てもなく勘で神社を飛び出したのだった。

幻想郷自体が蘇生した。
彼女たちも自然の一部。妖精の力は自然の力。自然には抗えないことを、皆知っていた。 『東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.』Steam紹介ページより

東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.』は、ゲームクリエイター・ZUNさんの運営する個人サークル「上海アリス幻樂団」が制作を行う「東方Project」シリーズの第9弾作品。

同作品は2005年8月に開催された「コミックマーケット68<」にて初頒布されており、17年という長い時を経てSteam上で発売される。

登場キャラクターは、「東方Project」ではお馴染みの博麗霊夢霧雨魔理沙はもちろん、十六夜咲夜四季映姫小野塚小町メディスン・メランコリーに加え、射命丸文が本作で初登場となっている。

画面を分割した「対戦型シューティング」

『東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.』Steam紹介ページより

本作最大の特徴は、通常のステージ攻略とは一線を画す「対戦型シューティング」であるという点。

「東方Project」関連作品は敵からの攻撃「弾幕」を避けつつ自分の攻撃を当てるというシューティングゲームの基礎的なものだが、本作では画面が2つに分割され、双方に敵や弾幕が出現する。先に体力が無くなった方が敗北となる。

自分の画面で攻撃を回避し、相手の画面でも動きを確認しなければならないという、高い集中力が必要なモードである。

また本作では、IPアドレスを使用してのインターネットネット対戦機能を実装した「ver1.50a」もベータ提供される。ファン待望の機能だが、使用の際には一切の保証がないので注意が必要だ。

2005年にも「ver1.50a」はテスト版のバージョンとして公開されていたが、正式リリースはなかった。今後の正式実装にも期待したい。

衰えを見せない「東方Project」のカルチャー

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

54
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ