52

舞台『ゲゲゲの鬼太郎』に荒牧慶彦、藤井隆 ねこ娘は上坂すみれ

舞台『ゲゲゲの鬼太郎』に荒牧慶彦、藤井隆 ねこ娘は上坂すみれ

舞台『ゲゲゲの鬼太郎』/画像は公式Twitterより

  • 5 images

POPなポイントを3行で

  • 舞台『ゲゲゲの鬼太郎』キャスト発表
  • 主人公・鬼太郎役に荒牧慶彦
  • ねこ娘は上坂すみれ、ねずみ男は藤井隆
水木しげるさん生誕100周年となる2022年夏に、明治座で上演される舞台『ゲゲゲの鬼太郎』(通称・ゲゲステ)の第1弾キャストが発表された。

主人公・鬼太郎役を、舞台「刀剣乱舞」シリーズや『MANKAI STAGE A3!』など数多くの舞台に出演する俳優・荒牧慶彦さんが担当。

アニメ『中二病でも恋がしたい!』『スター☆トゥインクルプリキュア』などに出演する声優/アーティスト・上坂すみれさんが、猫の妖怪であるねこ娘を演じる。

常に問題を引き起こす物語のトリガーとなるねずみ男役には、芸人/歌手/俳優とマルチに活躍する藤井隆さんが抜擢された。
舞台「ゲゲゲの鬼太郎」荒牧慶彦コメント
【画像】舞台『ゲゲゲの鬼太郎』キャストビジュアル

水木しげる『ゲゲゲの鬼太郎』が舞台に

『ゲゲゲの鬼太郎』は、1965年の『週刊少年マガジン』(講談社)の連載をはじめ、漫画、アニメ、映画、小説、ドラマ、ゲームなど、半世紀以上にわたり多くの人に親しまれてきた。

日本古来より伝承された妖怪たちが登場。作者・水木しげるさんが新たな解釈やデザインのアレンジを加えたことで、その存在が広く周知され、日本の妖怪伝承において大きな影響を与えたと言われている。

最近では水木しげるさんの生誕100周年を記念した4大プロジェクトとして、新作アニメ『悪魔くん』の始動、2018年に放送されたTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期の映画化などが発表されている。 舞台『ゲゲゲの鬼太郎』は8月8日の妖怪の日に舞台化を発表され、公式Twitterでは目玉キャスト予想として、役者の目だけまたは目以外などを投稿していた。

生誕100周年を迎える2022年に向けて、今回の舞台化を含めて様々なプロジェクトが進行している。今後発表される第2弾キャストはもちろん、舞台そのものの内容も注目される。

原作から広がる作品の輪

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

5
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ