31

水木しげるを振り返る「ゲゲゲの人生展」 妖怪や精霊像コレクションも

水木しげるを振り返る「ゲゲゲの人生展」 妖怪や精霊像コレクションも

「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」/画像は公式Webサイトのスクリーンショット

2015年11月30日に93歳で逝去した漫画家・水木しげるさんの回顧展「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が、3月8日(水)から20日(月・祝)まで、東京・松屋銀座8階イベントスクエアにて行われる。

本展では、水木プロダクション全面協力のもと、少年期の習作、戦地で描いたスケッチ、貸本時代の貴重な漫画や妖怪画の原稿など、130点以上を展示し、水木さんが遺したものを徹底的に振り返る。

『ゲゲゲの鬼太郎』など妖怪漫画で愛された水木しげる

水木しげるさん/画像は水木プロダクション 公式Twitter(@mizukipro)より

水木しげるさんは漫画家として『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『のんのんばあとオレ』などのヒット作を生み出し、作品を通じて「妖怪文化」を広めた妖怪研究家としても高い評価を受けている。

また徴兵で戦争に出向いた際、爆撃のために片腕を失い、貧困に苦しむなど波乱の人生を過ごすも、手がけた作品や言葉、キャラクターは独特のユーモアに富み、今なお多くの人々から愛され続けている。

水木しげるの人生、人間像に迫る「ゲゲゲの人生展」

今回開催される「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」では、水木しげるさんの人生を振り返り、その卓越した画力とメッセージ性のある作品を展示する。

また、ご本人の「名言」紹介、作品が生み出され続けた書斎の再現、愛用していた私物や世界中で収集した妖怪・精霊像コレクションもラインナップ。

さらには、2010年にNHK連続テレビ小説でドラマ化されたことも記憶に新しい、水木しげるさんとの夫婦の歩みを描いた自伝『ゲゲゲの女房』の著者である妻・武良布枝さんへのインタビュー映像や家族との写真なども網羅。そのすべてを通じて水木さんの人間像に迫る。

前売チケットは3月7日(火)まで、セブンイレブン、ローソン、チケットぴあ、ヤフーパスマーケットにて販売される。 同展は4月以降、大阪、京都、神戸、福岡に巡回予定。 公式WebサイトやTwitterでは、さらなる見どころも紹介されているので、訪れる前にチェックしておきたい。

(C)水木プロダクション

こんな記事も読まれています

展覧会情報

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展

会期 2017年3月8日(水)~3月20日(祝・月)
会期中無休
時間 10時~20時(入場は閉場の30分前まで。最終日は17時閉場)
会場 松屋銀座8階イベントスクエア
入場料 一般1000円(前売700円)、高校生700円(500円)、中学生500円(400円)、小学生300円(販売なし)
主催 朝日新聞社
協力 水木プロダクション

関連キーフレーズ

18
12
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ