4

『Apex』タップストレイフ削除の反発 カジュアルと競技、その両立の難しさ

『Apex』タップストレイフ削除の反発 カジュアルと競技、その両立の難しさ

『Apex Legends』/画像は公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 『Apex Legends』からタップストレイフ削除
  • ジャンプ中に急旋回するキャラコンの1つ
  • 上位層の必須テクとして1年近く知られていた
Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』を開発するRespawn Entertainmentは9月1日、ゲーム内のテクニックの1つ「タップストレイフ」を削除すると発表しました。

この変更は次回のアップデートであるパッチ10.1にて適用されます。

タップストレイフとは、操作キャラクターのジャンプ中の挙動を急激に方向転換させるキャラクターコントロール、いわゆるキャラコンの1つ。上級者向けのテクニックとして多くのプレイヤーが認識していました。

タップストレイフの削除に対し、Apexのプレイヤーコミュニティには多くの反応が溢れ、特に反発するプレイヤーから「#SaveApexStrafe(Apexのストレイフを守れ)」というハッシュタグが作成されるなどしています。

タップストレイフ削除、その理由

Respawn Entertainmentによるとタップストレイフ削除の理由は以下の3つ。

・テクニックとしての難易度
・予測やカウンタープレイの難しさ
・移動系アビリティとの組み合わせでより悪化する

また次回の更新の際に発表されるパッチノートで、この変更についての詳細を説明するとしています。

しのぎを削る上位層にとっての必須テク

【新技解説】ウォールジャンプを超える新キャラコンテクニックがプロアマ問わず出来なきゃ損すぎる。【Apex Legends】
タップストレイフが広く知れわたるようになったのはおよそ1年前。

激しく操作キャラクターたちが移動し飛び交う『Apex Legends』では、照準を合わせる技術、エイムの良し悪しだけでなくキャラコンの巧拙が勝敗を分けます。

日々キャラコンを磨くプレデターなどランク上位のプレイヤーやプロゲーマーにとって、タップストレイフが当然のものとして受け入れられるのに、1年という期間は十分なものでした。

また、タップストレイフは操作の設定でマウスホイールに前進キーを割り当てることがほぼ必須になっています。

そのため、キーボード+マウス(キーマウとも)でのプレイと、ゲームパッドでのプレイとを比較する際にも話題にのぼるテクニックでもありました。

速く動くことへの執念と、カジュアルプレイを両立させる難しさ

「#SaveApexStrafe」のハッシュタグが盛り上がる通り、PC版をキーボード+マウスでプレイする多くのプレイヤーからは反発の声が上がっています。

PCでリリースされてきたFPS、TPSゲームの歴史を見ても「バニーホップ」や「ストレイフジャンプ」など、ゲーマーたちは運営・開発の想定や設計を越えて、より速く動くための技術を追求してきました。

一方でPC以外にNintendo Switchなどでもリリースされ、広くカジュアルにプレイされる『Apex Legends』にとって、環境を整えた一部のハードコアなプレイヤーが一方的に有利となる挙動は、技術と見なすことが難しくなったのかもしれません。

発明から1年を経たタップストレイフ。長きにわたって放置されてきたとも言えるものですが、次回のパッチノートでの説明が待たれます。

ゲームはどこから来てどこに向かうのか

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ