イラストレーター sakiyama 初個展【最終問題】 絵を描く葛藤に答えを求めて

イラストレーター sakiyama 初個展【最終問題】 絵を描く葛藤に答えを求めて
イラストレーター sakiyama 初個展【最終問題】 絵を描く葛藤に答えを求めて

「最終問題」キービジュアル/画像はsakiyamaさんのTwitterから

POPなポイントを3行で

  • sakiyamaが初の個展「【最終問題】」を開催
  • ずとまよのMVなどを手がけるイラストレーター
  • 抱えていた葛藤、開催の意図をpixiv FANBOXで綴る
イラストレーター・sakiyamaさんが、初の個展「【最終問題】」を横浜のMERRY ART GALLERYにて開催する。

コンセプトは「“これまで”と“これから”」。期間は5月27日(木)から31日(月)まで。

図録やTシャツ、アクセサリーなどの会場限定先行販売が行われるほか、オンライン上での企画も予定されている。

元会社員のイラストレーター・sakiyama

sakiyamaさんは、自身で「退廃的で少し気持ち悪い雰囲気」と表現するイラストを描くイラストレーター。

会社員として働きながら、2017年頃からSNSをメインにイラストを公開。このイラストが話題となり、シンガーソングライター・ACAねさんを中心に結成されたずっと真夜中でいいのに。のMVなどを手がけてきた。

2019年からはフリーランスのイラストレーターとして活動を開始。現在はMVを中心に制作している。
ずっと真夜中でいいのに。『眩しいDNAだけ』MV
ずっと真夜中でいいのに。『勘冴えて悔しいわ』MV (ZUTOMAYO - Kansaete Kuyashiiwa)

自身の葛藤を「最後の問」にするための個展

sakiyamaさんは今回の個展開催について、その胸中を自身のpixiv FANBOXの投稿で公開している(外部リンク)。

この投稿でsakiyamaさんは、「ネガティブな感情のはけ口」として描いていたイラストが求められるようになり、それを楽しみながらも「自分が本当は何を描きたいのか」がわからなくなっていたと吐露。

もともとの原動力であった感情の衝動がなくなる感覚があって、果たしてそれで良いのだろうか」「私は絵に何を求めているんだろうか」「私の絵とは何なのだろうか」。

こうした葛藤を解決するべく自らに“問”をたて、「自分の現在地を見極めて、自分がどう進むべきか、しっかり確認する」。そのためのターニングポイントとして、「【最終問題】」という名の個展を開くことにしたと説明しています。

イラストレーションとSNSと

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

イベント情報

sakiyama 初個展 【最終問題】

会期
2021年5月27日(木)〜31日(月)
時間
13:00〜20:00
チケット
入場無料

【会場限定先行販売】
図録やTシャツ、アクセサリーなど最新アイテムを販売予定。

【オンライン企画計画中】
オンラインからも楽しめる《何か》を計画中!

【お願い】
・マスク着用をお願いします。
・状況に応じて、入場者数を制限させていただきます。
・コロナ禍により、延期・中止の場合は、HPにてお知らせいたします。

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

イラスト・アートの週間ランキング

イラスト・アートの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ