9

般若、映画『その男、東京につき』 Zeebra、AI、T-Pablowら登場の予告編

般若、映画『その男、東京につき』 Zeebra、AI、T-Pablowら登場の予告編

『その男、東京につき』

POPなポイントを3行で

  • 般若、初のドキュメンタリー映画『その男、東京につき』
  • 予告編にZeebraやAIなど般若をよく知る人物が登場
  • 公式サイトがオープン、劇場情報も更新
12月25日(金)からの全国公開を控えるラッパー・般若さん初の長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』。

その予告編が公開され、公式サイトがオープン。劇場情報も更新され、上映館が明らかになった(詳細は下記「作品情報」に記載)。

本作にはZeebraさん、BAKUさん、GAMIさん、t-Aceさん、R-指定さん(Creepy Nuts)、T-Pablowさん(BAD HOP)が出演。

さらにAIさんとNORIKIYOさん、そして2004年から般若と親交のある長渕剛さんが出演することも明らかになった。

Zeebra、AIが語る般若

『その男、東京につき』予告編
今回公開された予告編には、初めて般若さんのデモテープを聴いたとき「次の時代が始まる感じがした」と当時を振り返るZeebraさんや、「彼は新しいHIPHOPのスタイルをつくっている」と語るAIさんが登場。

そうした般若さんをよく知る者たちの語りの合間に、武道館ワンマンの熱いステージ映像が挟まれ、期待感を煽る内容になっている。

自殺も考えた壮絶な過去を語る『その男、東京につき』

2006年にリリースされた3rdアルバム『内部告発』の収録曲「その男、東京につき」をタイトルにした今作。

2019年に武道館ワンマンライブを成功させたラッパー・般若さんのドキュメンタリー映画になっており、いじめ、音楽との出会い、自殺を考えたことなど、多くを語らない彼の壮絶な過去も描いている。

映画『その男、東京につき』新ビジュアル(全7枚) ©️2020 A+E Networks Japan G.K. All Rights Reserved

最近のシーンの動き

こんな記事も読まれています

作品情報

その男、東京につき

出演
般若、Zeebra、AI、t-Ace、R-指定(Creepy Nuts)、T-Pablow (BAD HOP)、BAKU、長渕 剛(特別友情出演)
監督・編集
岡島龍介
エグゼプティブプロデューサー
福井靖典、松本俊一郎
撮影監督
手嶋悠貴
製作
A+E Networks Japan
制作
A+E Creative Partners
協力
昭和レコード
配給
REGENTS
配給協力
エイベックス・ピクチャーズ

【STORY】
ヒップホップでなく、般若と言うジャンルを貫いた。本質から湧き上がるリリックで多くのファンを魅了してきた般若の長編ドキュメンタリー映画。壮絶ないじめを経験し、音楽との出会いとジレンマ、自殺をも考えた壮絶な過去。いくつもの困難に行先を絶たれても書くことだけは辞めなかった。どん底から拾い上げた言葉は多くのファンを魅了し続け、ついに武道館ワンマンライブを成功させた。今まで語られることの無かった父への想い、大きく変わった世の中の状況、今後の想いを赤裸々に語ったドキュメンタリー。新たな進化を遂げる般若を目撃せよ。

【上映館】
ヒューマントラストシネマ渋谷(東京)、イオンシネマ羽生(埼玉)、 kino cinema 横浜みなとみらい(神奈川)、センチュリーシネマ(愛知)、アップリンク京都(京都)、シネ・リーブル梅田(大阪)、 kino cinema 天神(福岡)等

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

4
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ