14

米画家ボブ・ロスのアートをMtGが採用 風景画が土地カードに

米画家ボブ・ロスのアートをMtGが採用 風景画が土地カードに

「HAPPY LITTLE GATHERING」/画像は「SECRET LAIR'S」公式サイトから

  • 13 images

POPなポイントを3行で

  • 『MtG』にアートにボブ・ロスの風景画が採用
  • TCGにアート的なアプローチをする「SECRET LAIR'S」のセット
  • 基本土地に風景画が描かれる
トレーディングカードゲーム(以下TCG)『Magic: The Gathering(マジック:ザ・ギャザリング)』(以下MtG)に、アメリカのテレビ番組『ボブの絵画教室』で有名な画家であるボブ・ロスさんのアートを用いたカードが登場することが発表された。

【画像】あの絵画教室のボブ・ロスの風景画がカードに

デジタルでも盛り上がりを見せる『MtG』

世界で一番遊ばれているTCGとも呼ばれる『MtG』。

2017年から、Web上で手軽に遊べる『マジック:ザ・ギャザリング アリーナ』(MtG アリーナ)もテストを開始。2019年には正式にローンチされた。

さらに、同年には『MtG アリーナ』がe-Sportsとしてデビューし、イベント「ミシックインビテーショナル」では、総視聴者数8100万人・最大同時視聴者15万7000人を記録した。
Magic: The Gathering Arena – Launch Gameplay Trailer (Official)

様々なアーティストを起用する「SECRET LAIR'S」

『MtG』は、2019年末から「SECRET LAIR'S」というブランドをスタートした。

このブランドは、様々なアーティストを起用しカードのイラストをデザインしてもらい、それを公式のオンラインストアで直売限定で販売するというもの(外部リンク)。

世界中にカードのコレクターも多い『MtG』らしく、カードゲーム的な強さだけでなくアート方面からのアプローチを試みている。

今回、ブランドの1周年を記念して5つのセットがリリースされる。

そのうちの一つが、ボブ・ロスさんのアートを起用したセット「HAPPY LITTLE GATHERING」だ。

ボブ・ロスさん/画像は公式Twitterから

このセットには、『MtG』の最も基礎的なカードである「森」「火山」「沼」「平地」「島」の5種のカードに、それぞれ2種類ずつボブ・ロスさんの代名詞である風景画がデザインされた計10枚が収録される。

「HAPPY LITTLE GATHERING」カード例/画像は「SECRET LAIR'S」公式サイトから

見事な筆さばきでさまざまな絵画を手がけてきた故ボブ・ロスさんのアートを使用し、基礎的だからこそこだわりの見える土地カード。

販売期間は11月30日(月)から12月14日(月)まで。

【画像】あの絵画教室のボブ・ロスの風景画がカードに

ゲームに対するユニークなアプローチ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

11
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ