35

国内外のコスプレイヤーが集結 「池ハロ」初のオンライン開催に11万人

国内外のコスプレイヤーが集結 「池ハロ」初のオンライン開催に11万人

NRK the Hedgehogさん「キヤノンのカメラで撮ってみた!」/撮影:ゆっkey

  • 19 images

POPなポイントを3行で

  • 「池袋ハロウィンコスプレフェス」ネット開催に11万人
  • コスプレコンテストに加え、コスプレ界の課題をトーク
  • 一般参加には海外からのコスプレイヤーも
コスプレイヤーによる大規模ハロウィンイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス ONLINE コスプレ大感謝祭 2020」が、10月31日に開催された。

例年開催している「池ハロ」こと「池袋ハロウィンコスプレフェス」が初のオンライン開催となった今回、ネット来場者数は11万6000人を記録した。

当日は、コスプレコンテストに加え、コスプレ界の課題や問題を話し合うトークイベントなどを実施。その模様はニコニコ生放送で生中継された。

【写真】池ハロONLINEを彩ったコスプレイヤーたち

コスプレコンテストも開催、No.1はDakara

「池袋ハロウィンコスプレフェス ONLINE コスプレ大感謝祭 2020」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で中止となった「池ハロ」は、2014年にスタートし、毎年2万人以上のコスプレイヤーが参加している。

史上初のオンライン開催となった今回は、池袋にあるドワンゴのスタジオなどから配信。一般参加のコスプレイヤーはZoomからオンラインで参加した。

【#コンパス部門】および総合グランプリ Dakaraさん(@Dakara_10mg)

【シャイニー部門】あすさん(@depressed_asu)

イベントでは、コスプレイヤーの“来年の顔”を決めるコンテスト「COSPLAYER OF THE YEAR 2021(COTY)」の最終審査を実施。

部門は6つに分かれており、それぞれでグランプリを選出。その中から選ばれる総合グランプリには、Dakaraさんが選出された。

コスプレ討論やランウェイ、海外からの参加者も

コスプレ討論会(ICS Ikebukuro Cosplay Summit)」では、「コスプレの定義」「メディアとコスプレの関係を考える」「これからのコスプレ界はどうなっていくのか」「池袋をコスプレの聖地にするには」などのテーマでトークを展開。

コスプレイヤーによるスペシャルランウェイには、ゆうさん、副島和樹さん、仮面ライアー217さん、はやちんさん、びぃと。さん、KANAME☆さん、山葵さん、さらに中国のコスプレイヤー・Shikaさんと比比さんも出演した。 19時から放送された「宅コスだよ!全員集合!」と題した番組では、自宅からZoomを活用して多くのコスプレイヤーが参加。海外からの参加も多く、オンラインならではの「池ハロ」を楽しんだ。

ほかにも、「キヤノンのカメラで撮ってみた!」では、コスプレカメラマンのゆっkeyさんが、キヤノンのフルサイズミラーレス一眼「EOS R5」を使いコスプレイヤーのNRK the Hedgehogさんと成賀 久瑠王さんを撮影。写真データは番組中に公式Twitterから無料配布された。

成賀 久瑠王さん(@krmcougar)

【写真】池ハロONLINEを彩ったコスプレイヤーたち 【写真】過去5年分「池ハロ」に咲いたコスプレイヤーという花

これまでの「池ハロ」を振り返るなら

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

5
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ