6

SWITCHが再び『鬼滅の刃』特集 「無限列車編」に向け炭治郎と煉獄の師弟対談

SWITCHが再び『鬼滅の刃』特集 「無限列車編」に向け炭治郎と煉獄の師弟対談

『鬼滅の刃』特集

POPなポイントを3行で

  • カルチャー誌『SWITCH』が鬼滅の刃劇場版を分析
  • キャスト陣の対談も
  • 『SWITCH』過去にも『鬼滅の刃』を特集している。
10月20日(火)に発売されるカルチャー誌『SWITCH』が、10月16日(金)に公開される大ヒット漫画『鬼滅の刃』の劇場版となるアニメ『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を特集する。

特集では、煉獄杏寿郎役・日野聡さんと竈門炭治郎役・花江夏樹さんの対談や、劇場版で対峙する魘夢役・平川大輔さん、主題歌を担当するLiSAさんへのインタビューが掲載される。

もう一つの特集は「新・原宿百景」。表紙は木村拓哉さんが飾っている。

『SWITCH』11月号表紙

炭治郎と煉獄、声優同士の談も充実

雑誌『SWITCH』は、7月にも『鬼滅の刃』特集を実施。

「誌上総集編」と題して、花江夏樹さん、鬼頭明里さん、下野紘さん、松岡禎丞さんといったアニメに出演したキャスト陣や、主題歌「紅蓮華」を歌ったLiSAさんらへの取材を通して、アニメ全26話を振り返った。

『SWITCH』8月号表紙

そして、アニメの最終話から約1年、『週刊少年ジャンプ』での連載終了から5カ月。満を持して劇場公開される映画の魅力を徹底解剖するため、再びメインキャスト陣とLiSAさんへのインタビューを通して劇場版の魅力を解き明かす。

特集では3つの企画が実施。

1つは、外伝も描かれた人気キャラにして、劇場版『無限列車編』でも大きな役割を担う煉獄杏寿郎と主人公・竈門炭治郎の対談。

その2人を演じた日野聡さんと花江夏樹さんが、全キャストが火花を散らしたという収録現場を語り合う。

二人の出会い、現場でのエピソード、お互いの芝居術や、日野さんの語る衝撃のオーディション秘話が見どころだ。
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 本予告
もう1つの企画は、劇場版で対峙する鬼、魘夢役・平川大輔さんへのインタビュー。

MARVELシリーズのロキ役でも知られる声優・平川大輔さんが、これまでアニメに登場したどの鬼よりも強く怪しい「魘夢」を表現するために悩み抜いた試行錯誤を語る。

そして3つ目が、アニメ主題歌「紅蓮華」とED曲「from the edge」を手掛け、劇場版でも主題歌「炎」を担当するLiSAさんの撮り下ろし写真とインタビュー。

自ら作詞も手がけた「炎」に込められた想いを語っている。

ジャンプ作品をより深く楽しむために

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

3
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ