322

「初音ミク GALAXY LIVE 2021」開催&仮想空間「MIKU WORLD」オープン

「初音ミク GALAXY LIVE 2021」開催&仮想空間「MIKU WORLD」オープン

「初音ミク GALAXY LIVE 2020」

POPなポイントを3行で

  • 1.4万人を動員した「初音ミク GALAXY LIVE 2020」閉幕
  • 早くも次回「初音ミク GALAXY LIVE 2021」の開催が決定
  • 仮想空間コンテンツ「MIKU WORLD」のオープンも発表
初音ミクの単独バーチャルライブ「初音ミク GALAXY LIVE 2020」が、約1.4万人の来場者を集め、盛況のうちに閉幕した。

“宇宙でのライブ”をコンセプトに、VRライブならではの最新技術を駆使した演出のなか全8曲を披露。

9月26日と27日の連日でバーチャルライブアプリ「INSPIX LIVE」上で開催され、Twitterトレンドで3位を記録した。

早くも「初音ミク GALAXY LIVE 2021」開催決定

そして閉幕の余韻も冷めやらぬなか、「初音ミク GALAXY LIVE 2021」の開催と、仮想空間コンテンツ「MIKU WORLD」のオープン(2021年予定)が発表された。

「初音ミク GALAXY LIVE 2021」は、「初音ミク GALAXY LIVE 2020」の内容をさらにボリュームアップさせ、日本国外からも参加が可能になる予定。

「MIKU WORLD」では「初音ミク GALAXY LIVE」に関連したさまざまなコンテンツを体験できるとのことだ。

楽曲制作・ナユタン星人、仕掛け人・関本亮二へのインタビュー

なお「初音ミク GALAXY LIVE 2020」で披露された楽曲の制作は、ボカロPのナユタン星人さんが担当。

KAI-YOU.netではライブのテーマソング「水色侵略」の歌詞に込められた言葉遊びなどの仕掛け、バーチャルライブならではの楽曲にするためこだわった点、はたまた2020年におけるボカロシーンの潮流などを聞いたインタビューを公開している。 また同インタビュー記事にはライブをプロデュースした関本亮二さんも登場。

イベント全体を統括したプロデューサーのライブ構想など、裏話的なエピソードも多数語られている。

バーチャルのポップな話題

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

308
11
3
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ