89

「こち亀」とたどるゲーム40年の変遷 秋本治監修『こちゲー』発売

「こち亀」とたどるゲーム40年の変遷 秋本治監修『こちゲー』発売

『こちゲー 〜こち亀とゲーム〜』/画像はホーム社公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 『こち亀』とゲーム40年の歴史をたどる書籍
  • 作品内に登場したゲームネタを上下巻に網羅
  • 『こち亀』にみるトレンドの推移とゲーム観
2016年に連載が終了した秋本治さんによる漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(通称・こち亀)内に登場したゲームネタを網羅した書籍『こちゲー 〜こち亀とゲーム〜』が発売される。

Webサイト「ファミ熱!!プロジェクト」に連載されていたコラム全44回を書籍化したもので、第1回から第22回が上巻、第23回から第44回が下巻に収録されている。

また、秋本治さんによる描き下ろしイラストやスペシャルインタビュー、コメントも掲載。上下巻ともに10月2日(金)発売。価格は840円(税別)

『こち亀』40年の歴史とゲームの変遷

『こちら亀有公園前派出所』/画像はAmazonより

『こち亀』は1976年から2016年までの40年間、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に一度の休載もなく連載され続けた国民的漫画作品。

魅力的な登場人物たちのドタバタな日常の面白さもさることながら、常に新しい題材をピックアップし、そのジャンルのファンをも唸らせるほど丁寧な取材を経たであろう描写が特徴だ。

なおかつ、それを毎回『こち亀』らしいコメディーへと落とし込む軽妙さが、連載が終了した現在でも熱烈な支持を集めている。 『こちゲー 〜こち亀とゲーム〜』の著者であるライター/コレクターのとみさわ昭仁さんは、そうした『こち亀』(秋本治さん)の持つトレンドへの敏感さを指摘しつつ、ユーモラスに本編作品を紹介していく。

刀剣乱舞』や『艦隊これくしょん -艦これ-』などで人気に火がついた擬人化ブームの流れを汲んで描かれた「盆コレ(盆栽コレクション)」の回を紹介するコラムでは、擬人化が誕生するまでの経緯が丁寧に追われていて非常に興味深い(外部リンク)。

ゲームセンターに並ぶアーケードゲーム育成ゲームすれ違い通信オンラインサバゲーなど、『こち亀』連載40年の歴史とともに進化し続けたゲームの変遷を追ったこの1冊は必読本になりそうだ。

さまざまな視点からゲームを考える

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

65
22
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ