88

嵐、新曲はブルーノ・マーズ制作 グループの歩み踏まえ書き下ろす

嵐、新曲はブルーノ・マーズ制作 グループの歩み踏まえ書き下ろす

嵐「Whenever You Call」/画像は公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 嵐、最新シングル「Whenever You Call」配信
  • 楽曲制作・プロデュースはブルーノ・マーズ
  • これまでの曲やライブ映像を踏まえて書き下ろし
が最新デジタルシングル「Whenever You Call」を9月18日(金)にリリースする。

さらに同日13時からは嵐公式YouTubeチャンネルおよび各配信サービスにてMVも公開される。
ARASHI - Whenever You Call
楽曲制作とプロデュースはグラミー賞歌手のブルーノ・マーズさんが手がけ、嵐としては初の全編英語詞によるミディアムバラードに仕上がった。

嵐の最新曲、グラミー賞歌手ブルーノ・マーズが制作

サブスクリプションサービスでの音楽配信、Netflixでのドキュメンタリー配信、各種SNSの解禁と、2020年内での活動休止を控え、展開が注目される嵐。

一方のブルーノ・マーズさんは、2018年に第60回グラミー賞で主要3部門を含む6部門を獲得、グラミーの累計受賞歴は11回を誇るトップアーティストだ。

世界No.1のソングメーカーの異名を持ち、最近では映画『とんかつDJアゲ太郎』の主題歌に、代表曲の1つ「ラナウェイ・ベイビー」が抜擢されている。

曲を聴き、ライブを観たブルーノ・マーズが書き下ろす

嵐の「Whenever You Call」の制作にあたってブルーノ・マーズさんは、グループ活動休止を知った上で、彼らのこれまでの楽曲を聴き、ライブパフォーマンスを観て新曲を書き下ろした。

歌詞には、グループ活動を休止させる嵐5人の気持ち、そして休止後も、その想いは、常にファンと共にあるという、エモーショナルな意味が込められている。

曲づくりではたび重なるディスカッションを実施、レコーディングではブルーノ・マーズさん本人がボーカルディレクションを担当した。

日米のトップアーティストの協力から生まれた「Whenever You Call」は、9月18日0時より、各配信サービスにて順次、ダウンロード・ストリーミング配信をスタート。

KAI-YOUのプレイリストも

サブスクを解禁した大物たち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

79
8
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ