107

『ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実』日米同時公開 戦後75年で初公開映像も

POPなポイントを3行で

  • ドキュメンタリー映画『ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実』
  • Huluとヒストリーチャンネルとの共同製作
  • 日米同日公開、国内ではHuluにて独占配信
『ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実』日米同時公開 戦後75年で初公開映像も

映画『ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実』

  • 6 images

オンライン動画配信サービス・Huluとアメリカの歴史エンタメ専門チャンネル・ヒストリーチャンネルとの共同製作によるドキュメンタリー映画『ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実』が、8月2日(日)に日米同日公開される。

ドキュメンタリー分野においてエミー賞はじめ数々の実績をもつイギリスの製作会社・October Filmsが、当事者でない立場から日米の姿を捉える。

国内ではHuluにて独占配信、世界26の国と地域で放送が決定した。

原爆投下から75年という節目 『ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実』

今日に至る世界情勢を決定的に規定することとなった第二次世界大戦、その終戦間際の出来事。アメリカによる広島と長崎への原爆投下から75年という節目の年が、今年2020年だ。

『ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実』は、「当事国ではないイギリスのOctober Filmsが製作することで、原爆がもたらした日米の姿を客観的に捉え、真実を時系列に描く」という触れ込みで、8月に配信される。

監督には、『氷上の王、ジョン・カリー』や『パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト』といった長編ドキュメンタリーを手がけてきたジェイムス・エルスキンさんを起用している。

日米双方からの視点 初公開されるアメリカ撮影の被爆地映像など

ドキュメンタリー『ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実』を構成する視点は二つ。

一つは、原爆を産み出したマンハッタン計画を遂行する研究者たちの焦燥や葛藤を、当事者達の肉声と実録映像のみを通じて語られるアメリカ側の視点。

もう一つは、原爆投下前の日本の日常風景、そして被爆直後の焼け野原と化した広島と長崎の記録映像と被爆者たちの声で語られる日本側の視点だ。

最新技術でクリアになった当時の音声と、デジタルリマスターでカラー化された映像によって、原爆に直接的に関与した人々の声が届けられる。

この『ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実』には、アメリカ軍が日本から強制徴収した原爆投下後の日本を撮影したモノクロ映像や、戦後75年で初めて公開されるアメリカのクルーが撮影した被爆地の映像や原爆の開発を推進した研究者たちの肉声が含まれる。

(C)2020 A&E Television Networks. All Rights Reserved.

歴史を紐解き、ポップカルチャーを識る

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ヒストリーチャンネル」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 8

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ