28

あの名機が復活! 『ワニワニパニックR』稼働開始、協力プレイもあるよ

あの名機が復活! 『ワニワニパニックR』稼働開始、協力プレイもあるよ

「ワニワニパニックR」

POPなポイントを3行で

  • 往年の名機「ワニワニパニック」が復活
  • 製造メーカ倒産で絶滅の危機に
  • 初代のビジュアルを再現しパワーアップ
全国のゲームセンターで子供たちの遊び相手となった懐かしの筐体『ワニワニパニック』。

いつしか目にする機会も減っていたが、初代を忠実に再現したビジュアルと新たな機能を備えて帰ってくることが発表された。

得点が表示されるパネルには32インチ液晶モニターを搭載。プレイ中の画面に様々な演出がなされ、本人だけでなく周りも一緒に盛り上れるようにパワーアップしている。

さらにハンマーも2本に増量。家族や友達、恋人と一緒にプレイできるようになっている。

製造メーカーの倒産で一時は消滅の危機に

1989年に登場して以来、長年親しまれてきた『ワニワニパニック』。

画面の中でゲームが展開されるビデオゲームと違い、画面外で様々な仕掛けが展開するエレメカと呼ばれるアーケードゲームの一種だ。

ゲームセンター、特にイオンなどのショッピングモールの中の店舗でよく見かける印象が強かったが、アーケード業界全体の市場の縮小の余波を受けて製造元のメーカーが倒産。

アフターサービスを行うバンダイナムコテクニカが要望に応じて修理は行っているものの、部品は製造されておらず、ワニを叩いて壊れてしまうと直せないまま撤去ということも珍しくなかったという。

今年4月にはハイクオリティな付録に定評のある小学館の『幼稚園』で当時の開発スタッフ監修のもと付録化され話題になった。 今回の復活に際して、『ワニワニパニック』開発者にして、バンダイナムコホールディングス前会長の石川祝男もコメントを寄せた。

初代『ワニワニパニック』開発者・石川祝男さんコメント
30年以上前に開発した機種がほぼ同じ仕様で発表され、感無量です。本当に嬉しいです。一番嬉しかったのは、新たにモニターを採用したりソフトが生まれ変わったりしているにも関わらず、昔の良さをそのまま再現しようとこだわってくれたことです。一見すると初代『ワニワニパニック』と見分けがつかないほどです。その仕様は現在も変わらず人々に受け入れられ、楽しんでいただける完成度の高さだと自負しています。

近年スマートフォンのゲームが世を席巻していますが、『ワニワニパニック』や『太鼓の達人』など、誰もが子どもの頃に一度は通る道となるようなアーケードゲームはずっとあり続けてほしいと思いますし、これからもつくり続けてほしいと願っています。

可能性は未知、おもちゃの深遠な世界

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

22
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ