8

ロナウジーニョ、パスポート偽造で勾留も意外に楽しそうな獄中ライフ

ロナウジーニョ、パスポート偽造で勾留も意外に楽しそうな獄中ライフ

ロナウジーニョさん/画像はすべて本人の公式Twitterから

POPなポイントを3行で

  • パスポート偽造容疑で勾留中のロナウジーニョ
  • フットサルをしたりと獄中ライフを楽しむ
  • どうしてこうなった感がすごい
元・ブラジル代表サッカー選手のRonaldinho(ロナウジーニョ)さんが、現在パラグアイの刑務所に勾留されている。

罪状はパスポートの偽造。れっきとした犯罪だ。

しかし渦中の本人は受刑者にサインを書いてあげたりフットサル大会に参加したりと、かなり悠々自適な生活を送っている模様。

現役時代とまるで変わらぬ眩しい笑顔で、獄中ライフを楽しんでいるらしい。

現役引退後はお騒がせ人になったロナウジーニョ

慈善団体からの招待で兄のロベルト・デ・アシス・モレイラさんとパラグアイを訪れていたロナウジーニョさん。

しかし、現地時間3月4日に滞在先のホテルで兄とともに身柄を拘束。6日には偽造パスポートで入国した容疑で勾留されたと、現地の司法当局から発表があった。

彼らはパスポートの偽造について「知らなかった」と釈明しているが、そもそもなぜそんなパスポートを使っていたのだろうか。
Fiscalía imputó a 3 funcionarios por caso Ronaldinho
ロナウジーニョさんは現役引退後からたびたび騒動を起こしており、ブラジルの自然保護区域における違法建築を理由に、2018年に2億3000万円の罰金支払い命令を受けていたのだが、これを拒否したことでパスポートを没収されていたこともあった。

その後支払いに応じたことでパスポートは返却されていたようなのだが、もしかすると上記のような何かしらの行為によって再び使用できなくなっていたのかもしれない。

それにしても、偽造パスポートのことを知らなかったというのは限りなく考えづらいのはないだろうか。

その笑顔が消えるか否か

しかしさすがはロナウジーニョさん。

そのまばゆい笑顔と超絶技巧で対戦相手すら魅了していた現役時代さながらに、獄中においても受刑者を魅了しているのだとか。

ブラジルのメディア「EXTRA」によれば、サインをねだられた際には快く応じ、半年に一度行われるフットサル大会にも参加。かつてのスーパースターだけに、引く手あまただったらしい(外部メディア)。

とはいえ、これからの動向しだいではさすがに笑顔でいられなくなる可能性も高い

昔も今も注目を集める稀代の名選手の今後に注目だ。

サッカー珍百景

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

4
3
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ