12

Netflix『ノット・オーケー』 超能力を使う女子高生の青春サスペンス?

POPなポイントを3行で

  • Netflixオリジナルシリーズ『ノット・オーケー』予告解禁
  • 冒頭血まみれで必死に走る主人公・シドニーの奮闘を描く
  • 『ストレンジャーシングス』のチームが制作

『ノット・オーケー』

2月26日(水)より全世界独占配信されるNetflixのオリジナルシリーズ『ノット・オーケー』の予告が解禁された。

その冒頭で血まみれになりながら必死に走るのが、主人公のシドニー(ソフィア ・リリスさん)。

17歳の女子高生である彼女が恋・友情・家族に悩み、突然目覚めたスーパーパワーや個性的な友人たちに振り回される物語になっている。

『ストレンジャー・シングス』のチームが制作する『ノット・オーケー』

本作は、チャールズ・フォースマンさんによる同名グラフィックノベルが原作。

世界中でメガヒットし、先日シーズン4の特報が解禁された『ストレンジャー・シングス』の制作陣が参加。同作監督のショーン・レヴィさんが製作総指揮を務め、「このサイテーな世界の終わり」を手がけたジョナサン・エントウィッスルさんが監督を担当する。

また、『IT/イット “それ”が 見えたら、終わり。』で一躍その名を世界に知らしめたソフィア ・リリスさんとワイアット・オレフさんが、再び共演することでも期待が高まっている。

悩み多き女子高生がスーパーパワーに目覚める?

家では父親の死によって変わってしまった家族関係に悩み、学校では恋や友情、性の目覚めなど思春期特有の問題に悩む主人公のシドニー。

そんなモヤモヤを抱え、退屈な毎日を送っていたある日、なぜかスーパーパワーが突然覚醒。

ありえない状況に戸惑うシドニーは、個性的な友人たちを巻き込みながら、思いもよらない方向へ事態を展開させていくことになる。 製作総指揮を務めるショーン・レヴィさんは本作について、「『ストレンジャー・シングス』と同じように、本作は10代の若者を描くドラマであっても、10代の若者だけが観るドラマにはしないようにつくりました。若者たちには、若者だけに迎合しない面白さを分かってもらえると思いますし、絶妙に時代を超越した衣装やセットデザイン、音楽のチョイスなど、精巧かつ高度でスタイリッシュであり、すべての年齢層が共感できる物語になっています」と自信を覗かせる。

なお監督を務めるジョナサン・エントウィッスルさんが、「『FARGO/ファーゴ』や『ツイン・ ピークス』に触発された撮影を行いながらも、物語は若者を描いたストーリーなので、あらゆる視聴者に受け入れられるドラマだと思います」と、名作サスペンスの挙げて話しているため、その要素も盛り込まれている模様。

思春期の10代を取り巻く悩みとサスペンスの要素がどう絡むのか。ただの青春物語で終わるドラマにはならなそうだ。

今後の展開が楽しみ!

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Netflix」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 4

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ