7

まふまふ、ストリーミング解禁 最新作『神楽色アーティファクト』含む36曲

POPなポイントを3行で

  • まふまふ、楽曲の一部をストリーミングサービスで配信
  • 最新作『神楽色アーティファクト』を含む36曲
  • 来年3月には東京ドームでのワンマンライブも
まふまふ、ストリーミング解禁 最新作『神楽色アーティファクト』含む36曲

まふまふさん

歌い手としてカリスマ的人気を博しているまふまふさんの楽曲が、11月20日(水)からApple MusicやSpotifyはじめ各種ストリーミングサービスでの配信を開始された。

配信されたのは10万枚以上を売り上げゴールドディスクを獲得した前作アルバム『明日色ワールドエンド』から、10月16日にリリースした最新アルバム『神楽色アーティファクト』までの全36曲。

来年3月には東京ドームでのワンマンライブ「ひきこもりでもLIVEがしたい!~すーぱーまふまふわーるど2020@東京ドーム~」も控え、ファンのみならず多くの注目が集まっているまふまふさんの勢いは増すばかりだ。

最新作『神楽色アーティファクト』

最新作『神楽色アーティファクト』には過去最多の全20曲を収録。

初回限定盤Aには、約2年ぶりとなるまふまふさん名義での実写MV「それは恋の終わり」や、3DCGアニメーションMV「君のくれたアステリズム」など計4曲のライブ映像、対して初回限定盤Bには、「まふまふ ひとりぼっちの京都旅 大ボリューム90分」が収録されている。
それは恋の終わり/まふまふ

ストリーミング解禁、続々

2019年に入ってからも、7月にはPerfume、8月には星野源さん、この11月にはジャニーズ事務所のアイドルグループ・がストリーミング解禁。

同じく11月には、アニメ音楽・映像レーベルのFlyingDogからアニメ主題歌など1300曲が一挙に配信解禁するなど、続々とビッグネームや有名タイトルがストリーミング配信に踏み切っている。

まふまふさんをもっと知る

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「まふまふ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 6

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ