29

日本漫画を英訳して定額読み放題「Manga Planet」 DNPらが世界展開

POPなポイントを3行で

  • 海外読者に向けた日本漫画のサブスクサービス「Manga Planet」
  • 月額6,99ドル(約760円)で読み放題
  • 海賊版の日本漫画が出回るのを防ぐサービス
日本漫画を英訳して定額読み放題「Manga Planet」 DNPらが世界展開

「Manga Planet」

大日本印刷(以下、DNP)とTV、ビデオ、ゲームなどの特殊効果制作を手がける株式会社ファンタジスタは、日本の出版社などから刊行されている人気マンガを英語に翻訳して、月額6,99ドル(約760円)で読み放題となるサービス「Manga Planet」を11月18日から開始した。

現在のところ、祥伝社や徳間書店、リイド社などの出版社や個人漫画家(外薗昌也さん)の作品公開を予定しており、今後もコンテンツの充実を図っていく予定だ。

祥伝社、ホーム社、リイド社、三栄、ぶんか社、海王社、ワニブックス、徳間書店、スターツ出版、ハーパーコリンズ・ジャパン、MUGENUP、外薗昌也氏(漫画家)等 2019年11月現在、「Manga Planet」参加出版社・漫画家

人気漫画の海賊版流出を防止する役割を担えるか

『地球へ…』/(c)竹宮惠子,三栄

Webで漫画が読まれることが多くなった現代において、海外での日本漫画人気とその海賊版の流出は大きな問題。海外の読者に正規の流通ルートでデジタル媒体での漫画を配信したいという出版社のニーズに対し、適正な環境が求められていたのが現状だった。

そんな海外の漫画ファンに対して、日本の漫画情報を発信するFacebookページとして2012年からスタートしていた「Manga Planet」。現在ではグローバル版84.3万人、インド版9.8万人を超えるフォロワーを獲得しており、このフォロワーを中心に、日本マンガへの興味、関心が高い海外のファンに向けて定額読み放題サービスを提供する。

「Manga Planet」では海外市場への進出を考える日本の出版社や作家と海外配信のライセンス契約を結び、作品を英語に翻訳した上で配信。公開された漫画については有料会員の閲覧数に応じて、出版社に収益の一部が分配される仕組みだ。

現在のところ竹宮惠子さんの『地球へ…』、外薗昌也さんの『犬神』、麻宮騎亜さんの『彼女のカレラEV』などがラインナップされている。

日本漫画の海賊版が出回るのを防ぎ、海外市場でもマネタイズができる仕組みの開拓に繋がるか。今後の動向が期待される。

『犬神』/(c)外薗昌也,リイド社

『彼女のカレラEV』/(c)麻宮騎亜,リイド社

海外でも人気の日本漫画作品

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Manga Planet」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 11

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ