32

POPなポイントを3行で

  • 東映版スパイダーマン『スパイダーバース』続編に
  • キャラクターはデザイン済みと関係者がツイート
  • 巨大変型ロボも登場するCG一切なしの特撮ドラマ

最新ニュースを受け取る

レオパルドンも出る? 東映版スパイダーマン『スパイダーバース』続編に

『スパイダーマン:スパイダーバース 』

2022年4月8日公開の映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の続編(タイトル未定)に、日本の東映による特撮ドラマ版『スパイダーマン』が登場するようだ。

プロデューサーをつとめるフィル・ロードさんがTwitter上のやり取りの中で、すでにキャラクターがデザインされていると名言した。

続編が正式にアナウンスされて以降、一部では予想されていた東映版の存在。ファンからは「まったく想像できないけど絶対面白い」と大きな反響を集めている。

スタン・リーも評価「東映版スパイダーマン」

東映版スパイダーマンはアメコミの人気キャラクター・スパイダーマンを東映が実写化し、1978年から1979年にかけて日本で放送された。

CGやワイヤーが無い時代に、ビルの壁を登り天井を這う蜘蛛男を再現。原作者であるスタン・リーさんからも数ある実写版の中で「別格だ。レオパルドンは別として…」と評価されている(外部リンク)。 “別とされた”レオパルドンとは、東映版スパイダーマンに「マーベラー」の叫び声と共に登場する巨大変型ロボット。特撮史上最強秒殺ロボットともいわれるレオパルドンの存在が、東映版スパイダーマンを唯一無二の作品に仕立てた面もあるだろう。

近年は、ニコニコ動画などに違法アップロードされた動画をきっかけに、スパイダーマンが名乗る際のセリフから「スパイダーマッ!」とインターネットミームとしても人気を誇っている。

予感はあった『スパイダーバース』続編への登場

東映版スパイダーマンの登場は『スパイダーマン:スパイダーバース』続編のアナウンス時から予感されていたことでもある。

公式Twitterで公開された続編のティザー映像では、東映版テイストのロゴマークが一瞬だけ確認できる。 また『スパイダーマン:スパイダーバース』第1作でも、主人公が自室でスケッチするシーンにレオパルドンが登場している。

ファン「まったく想像できないけど絶対面白い」

ネットミームとしてはもちろん、日本独自の実写化として国内外のファンに認知されている東映版スパイダーマン。

フィル・ロードさんのツイートによって続編に登場する可能性が高まったことで、「東映スパイダーマンのバース入りまったく想像できないけど絶対面白い」「海外勢の期待値が『日本語しかしゃべらないでほしい』なのちょっと面白い」など、ファンからは様々な反響が寄せられている。

『スパイダーマン:スパイダーバース』を振り返る

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「スパイダーマン:スパイダーバース」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 10

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ