325

POPなポイントを3行で

  • クラウドファンディングで誕生した「みみたろう」
  • ニコニコ動画で活躍する動画投稿者が制作
  • YouTubeで小学生向けの授業を展開

最新ニュースを受け取る

マツコ会議にも出演した異例ずくしのVTuber「みみたろう」知ってる?

「マツコ会議」より

バーチャルYouTuber(VTuber)デビューからわずか1ヶ月余りで、地上波テレビ番組「マツコ会議」に出演した「みみたろう」さん。

業界としては異例づくしで、今後にも注目が集まるであろう彼の魅力を探ってみた。

VTuber「みみたろう」とは?

みみたろうさんは昨年末の12月30日にデビューしたVTuber。

業界初のクラウドファンディングによって生み出されたことでも話題となった。中の人はもともと、ニコニコ動画で動画投稿者「アルティメット・ハイ」としても活動しており、そのクラウドファンディングで637万円を集め、見事デビューを果たした。

みみたろうさんは耳かきの梵天がモチーフとなっており、耳から生まれたという。夢は先生で、動画では小学生向けの授業をしている。さらに最終的にはNHKに出演するという大きな目標がある。

日テレ「マツコ会議」に出演

2月9日に日本テレビ「マツコ会議」にてバーチャルYouTuber特集が放送されたが、その中でVTuber・ふくやマスターさんとともにみみたろうさんが出演した。

番組では最初にふくやマスターさんが登場し、マツコ・デラックスさんに福山雅治さんのモノマネをしているとツッコまれ、必死に否定する場面も見られた。その後、みみたろうさんが登場し、持ち前の特徴ある声で挨拶すると、マツコさんは「嫌いじゃない」と気に入った様子だった。

業界では異例の”中の人”登場

1d4ef5ebda11f85b4f4a876af3ca9416.png

「マツコ会議」より

番組が進んでいくとなんと、みみたろうさんの中の人を取材することになった。

バーチャルYouTuber業界では中の人が表にでることは異例で、ほとんど見られないことだ。いざ中の人が登場するとマツコさんは「見なきゃよかった」と後悔したが、トークを繰り広げていくうちにだんだん興味を持ち、最後には「可愛いい」と大絶賛だった。

今後の活躍に期待!

見た目や声のかわいらしさはもちろんだが、先述したように業界では異例の中の人が出てくるバーチャルYouTuberとしても注目が集まりそうだ。
「マツコ会議」放送後、YouTubeチャンネル登録者数は2万5千を超え、ネットでも話題になった。

耳かきの”梵天”であるみみたろうさんが、異例ずくしの”どんでん”返しでどこまで突っ走るか期待が高まりそうだ。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「みみたろう」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 322

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ