「ピンキーポップヘップバーン」は、VTuber界のオードリー・ヘプバーンか?

「ピンキーポップヘップバーン」は、VTuber界のオードリー・ヘプバーンか?
「ピンキーポップヘップバーン」は、VTuber界のオードリー・ヘプバーンか?

ピンキーポップヘップバーンさんのYouTubeチャンネルより

POPなポイントを3行で

  • VTuber・ピンキーポップヘップバーンとは?
  • デザインは輝夜月で知られるMika Pikazo
  • オードリー・ヘプバーンのようになる…かもしれない
ピンキーポップヘップバーンさんは2018年12月30日にデビューした新人バーチャルYouTuber(VTuber)である。

デビューして1か月あまりにも関わらず、YouTubeチャンネル登録者数は12万人以上、Twitterフォロワー数は6万人以上にのぼる。

今回は短期間でこれほどまでに人気になった彼女の魅力に迫る。

共通しているのは「ヘップバーン(Hepburn)」だけ

映画「ローマの休日」より

ピンキーポップヘップバーン(Pinky Pop Hepburn)さんは往年の大女優オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)さんに似た名前ではあるが、中身は全く別そのものだ。

というのも、彼女の好きなものは「お金」「権力」そして「カワイイ女」。オードリー・ヘプバーンさんが全く言いそうにないが、彼女はそれを堂々と発言する。さらにその理由も、「これら全ては自分にふさわしいもの」であるからだそう。
【自己紹介】超絶美少女ですが??
ここまでハッキリ言えるのは彼女の魅力だろう。

しかし、もちろん苦手なものもあり、それは「爬虫類」と「鳥」である。目がマイナスドライバーみたいになっているのがどうしても苦手という。

そして得意なモノマネは、ポケットモンスターのキャラクター「トサキント」が死ぬときのモノマネである。このモノマネは非常によく似ており、とてもクオリティが高く、彼女の武器の1つである。

キャラクターデザインは「Mika Pikazo」さん

Mika PikazoさんのTwitterより

そんな彼女のキャラクターデザインを手がけたのは、バーチャルYouTuber界の四天王の1人・輝夜月さんのデザインでも知られるイラストレーター・Mika Pikazoさんだ。

Mika PikazoさんはVtuber以外にも様々なキャラクターのデザインを多く手がけており、過去にはコミックマーケットのカタログ表紙や大人気ゲームFGOも担当していた大人気デザイナーである。

ピンキーポップヘップバーンさん自身もMika Pikazoさんに手がけてもらったことを誇らしげにしており、「長い脚」や「カワイイ顔」を自慢に思っている。

VTuber界の「オードリー・ヘップバーン」は近い

ピンキーポップヘップバーンさんのYouTubeチャンネルより

ピンキーポップヘップバーンさんは個性溢れるキャラクターで私たちを魅了し、2019年は彼女の飛躍する年になることは間違いなさそうだが、そんな彼女の今年の抱負は「酒池肉林」と彼女らしい答えである。

バーチャルYouTuber界で、オードリー・ヘプバーンとは全く似て非なる存在だが、それほど大物になる日も近いかもしれない。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。ユーザー投稿記事は、ポップカルチャーの最新情報をお届けするべく、「記事投稿」機能を利用してユーザーのみなさんから投稿された記事を、編集部による厳正な審査と、校閲・校正を経て掲載しています。審査の基準や機能については、ユーザー機能ヘルプページをご覧ください。

ページトップへ