自作LINEスタンプで飯が食える!? 上位10位の月売上は平均470万円

自作LINEスタンプで飯が食える!? 上位10位の月売上は平均470万円
自作LINEスタンプで飯が食える!? 上位10位の月売上は平均470万円

人気クリエイターズスタンプ一覧/画像はLINEウェブストアより (c) LINE Corporation

LINE株式会社は、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム・LINE Creators Marketで、5月8日から6月7日までの1ヶ月間の販売・利用実績を公開した。

LINE Creators Marketは、世界中のLINEユーザーがLINEスタンプを制作・販売することができるプラットフォーム。クリエイターが制作したスタンプは、審査を通過後、クリエイターズスタンプとして1セット100円で販売することができ、販売額のうち約50%がクリエイターに分配される仕組みになっている。

売上上位10位までのスタンプの平均販売額はなんと470万円!

左:図1|右:図2

4月17日から登録受付を開始して以来、6月7日時点で登録クリエイター数は80,000人(図1)、登録スタンプ数は12,000セット(図2)を突破している。

また、審査が完了し、スタンプの販売・購入が可能となった5月8日から6月7日までの1ヶ月間で、販売を開始したスタンプ総数は1,200セット、購入されたスタンプ総数は170万セットを記録。販売総額は1億5千万円を突破した。

左:図3|右:図4

なかでも販売金額上位のスタンプ平均販売額(図3)は高額で、売上上位10位までの平均が470万円、30位までが260万円にものぼる。クリエイターにはこの売上の約50%が分配されるため、売上上位層は相当の収入を得ていることになる。

さらに、スタンプ1セットあたりの販売額比率(図4)を見ると、販売中のスタンプ総数のうち61.7%が1万円を突破するなど、売上上位以外のスタンプも広く購入されていることがわかる。

また、LINE Creators Marketで販売されたスタンプがユーザー間で送信された回数は8100万回以上にのぼり、既に多くのユーザーに活用されているようだ。

LINEは、「今後も販売対応国の拡大など、多くのクリエイターとユーザーが制作・購入しやすい環境づくりを積極的に行い、さらなるコミュニケーションの活性化に努めていく」としている。

コミュニケーションツールとして使われるLINEスタンプ

クリエイターズスタンプ「アメリカンポップ関西弁」/画像はLINEウェブストアより

上記のように、昔ながらの携帯メールの絵文字よりも、より表情豊かに、時にはセリフとあわせてユーザーの感情を代弁してくれるLINEスタンプ。タップするだけの手軽さで、言葉を使わずとも、意図や感情を表現できるという、非言語によるコミュニケーションを可能にしている。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ