30

POPなポイントを3行で

  • 実写映画『名探偵ピカチュウ』予告編が公開
  • 毛並みがモフモフでおっさん声のピカチュウ
  • それでも抱きしめてぇ……

最新ニュースを受け取る

POKÉMON Detective Pikachu - Official Trailer #1

ポケットモンスター」シリーズのゲームを原作とした実写映画『名探偵ピカチュウ』(POKÉMON Detective Pikachu)から初の予告映像が公開された。

登場するのは毛の存在が確認できるモフモフでフワッフワなピカチュウ。

ぬいぐるみよりぬいぐるみらしいキュートな見た目ながら、声を担当するのは『デッドプール』のライアン・レイノルズさん。

大谷育江さんの声を想像していた人にとっては驚きのハスキーボイス、ちょっと憎たらしそうな表情、立ちふるまいではないだろうか(なお主人公以外の人間には「Pika-Pika!」(大谷さんボイス)としか聴こえていない模様)。

モフりたくなるピカチュウをギャラリーで見る

数々のポケモンが登場する『名探偵ピカチュウ』PV

誰もデッドプールが喋っているとは思わない

誰もデッドプールが喋っているとは思わない/以下、画像はすべて予告編のキャプチャ

2019年5月公開予定の映画『名探偵ピカチュウ』は、日本で発売された同名のゲームを原作に実写とCGを組み合わせて制作された。

制作は『パシフィック・リム』で知られるレジェンダリー・ピクチャーズ、主人公のでティム・グッドマン役には、ウィル・スミスの息子でありNetflixドラマ『ゲットダウン』や『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に出演したジャスティス・スミスさんが抜擢されている。
そりゃこんな顔になる

そりゃこんな顔になる

CGで描かれたピカチュウのなめらかな動きは、ゲームともアニメとも異なり、文字通り生きているかのような錯覚を覚えるが、予告映像にはほかにも様々なポケモンが登場。

ヒトカゲやドードリオ、プリン、コダック、リザードン、フシギダネ、ゼニガメ、ゲッコウガ、バリアードなどが、人間と共存している様子が描かれている。
この表情ツボ

この表情ツボ

いずれも実際に触れてみたくなるような質感で、ピカチュウを筆頭に毛の存在が確認できるポケモンは、すべからくモフモフシーンを設けてもらいたいところだ。

11月29日追記:ポケモンの公式YouTubeチャンネルにて、日本語字幕付きのプロモーション映像が公開。あわせて、公式サイトもオープンし、各種SNSアカウントも開設された。
【公式】映画「名探偵ピカチュウ」WEB用プロモ映像
モフモフなポケモンたちをもっと見る

ゲーム版でもピカチュウの声はハスキーだった?

世界的にも知られる「ポケモン」映画である一方、実写というこれまでにない手法で制作された映像に、海外では違和感を感じる人も少なくない。

とはいえ、モフモフ好きの日本では比較的、好意的な意見が多い印象だ。 また、同じくライアン・レイノルズさんが演じた『デッドプール』における今後の(ネタ)展開を予想する声もある。 ちなみに、予告編で見た目以上に「おっさんすぎる」と話題を呼んでいるピカチュウの声だが、実際は原作のゲーム通りなので気になる人はゲーム版のPVをご覧いただきたい。
【公式】今度のピカチュウはひと味違う!? 『名探偵ピカチュウ』 PV

ポケモンの実写化

こんな記事も読まれています

関連商品

関連キーフレーズ

「名探偵ピカチュウ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 8

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ