294

最新ニュースを受け取る

世界初! 漫画と小説が同時連載『放課後ウィザード倶楽部』に架神恭介

『放課後ウィザード倶楽部』

漫画と原作小説が同時連載される世界初の作品『放課後ウィザード倶楽部』が、3月17日(木)より始動する。

漫画版は『週刊少年チャンピオン』の巻頭カラーにて64ページにわたり掲載され、原作小説の連載は小説やコミックの投稿コミュニティサイト「E★エブリスタ」にて展開。 エブリスタQRhttp://estar.jp/AFcpo001

そして、原作小説は作家の架神恭介さんが担当し、漫画版は渡辺義彦さんが手がけることが明かされた。

布団でログイン!『放課後ウィザード倶楽部』

『放課後ウィザード倶楽部』は、主人公・須加那由多(すがなゆた)が、夢だけど、どこかリアルな世界の謎を探るべく、親友の穴屋ニトリ平崎三太(サンチョ)と共にダンジョンへと潜り込んでいくというストーリー。

謎の遺跡やモンスター、マジックアイテムなどが登場する夢世界冒険ファンタジーとなっている。

漫画は毎週木曜日に発売する『週刊少年チャンピオン』にて掲載、同じ内容の小説連載が同時に進んでいくという。

鬼才・架神恭介の意欲作

原作小説を担当する架神恭介さんは、自らが構築したテーブルトークRPGを小説化した『戦闘破壊学園ダンゲロス』で、講談社BOX新人賞”Powers”Talents賞を受賞、『月刊ヤングマガジン』にてコミカライズされた。
『戦闘破壊学園ダンゲロス』

『戦闘破壊学園ダンゲロス』

ほかにもコンドームの押し寿司、コンドームスキヤキなどの仰天メニューを紹介する『作ってあげたいコンドームごはん』などの話題作も刊行し注目を集めた。

そんな架神さん本人による『放課後ウィザード倶楽部』の見どころを紹介する動画も、YouTubeにて公開されるようだ(全10回を予定)。

一方、漫画版を担当する渡辺義彦さんは『週刊少年チャンピオン』第72回新人まんが賞にて「アフロボマー」で入選受賞。代表作に漫画『バーサスアース』がある。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「渡辺義彦」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 220

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ