126

現役女子大生アイドルが渋谷に集結! 日本一を決めようやッ

女子大生アイドル日本一決定戦 「UNIDOL (ユニドル)」

12月17日(火)、東京都渋谷にあるライブハウス・SHIBUYA-AXにて、日本一の女子大生アイドルを決める「UNIDOL(ユニドル)」の決勝大会が開催される。

「ユニドル」とは、University Idolの略。全国各地の大学を代表する女子大生によるアイドルサークルが、その日だけは憧れの「アイドル」として、制限時間内で持ち曲や課題曲のダンスパフォーマンスを繰り広げる日本初のアイドルコピーダンス大会だ。

決勝大会には、早稲田大学をはじめ、上智大学、明治大学、清泉女子大学などの大学から、すでに行われた予選を勝ち抜いた計8組のチームが、同日行われる敗者復活戦枠から計2組のチームが出場する。

また、チケットはクラウドファンディングサービス「MotionGallery」から購入することができる。
【2013.12.17】 UNIDOL2013 開催特報

敗者復活戦枠はオーディエンスの投票で決定

学生団体によって運営されている「ユニドル」は、2012年から始まり、いずれも大好評を博している。4月に開催された第2回目は、渋谷DUOにて開催されたが、3回目の開催となる今回は会場をSHIBUYA-AXに移し、さらなるパワーアップを果たした。

エントリーチーム数も過去最多となる19チームが集まり、10月には大会史上初の予選大会が行われた。今回の決勝大会では、予選大会で見事勝ち抜いた8チームに加え、当日行われる敗者復活戦から2チーム、計10チームが出場し、日本一の女子大生アイドルグループの座を争うということになる。

なお、敗者復活戦からの出場チームは、その場にいるオーディエンスの投票によって決定するようだ。

決勝大会出場チーム

UNIDOL Official Web Site

本選出場チーム/画像は公式Webサイトのスクリーンショット

本選には、メンバーのほとんどが外国語を話すことができ、さらには海外での活動実績もあるという国際派ユニドル・SPH mellmuseをはじめ、NMB48のデビューシングル曲「絶滅黒髪少女」を披露するという前大会の優勝チーム・Copiaや、医療系の大学からの出場となるwinK♡など、気鋭の8チームのアイドルグループが出演する。

また、同日行われる敗者復活戦には、惜しくも予選で敗れた白百合女子大学や京都女子大学、慶応義塾大学、青山学院大学などの大学から計11組のアイドルグループが出場。この中から2組のアイドルグループが本選への出場権を獲得することができる。

チケットはクラウドファンディングサービスで

自分の夢や目標の達成などを実現するために目標金額を設定し、Webを通して必要な資金を募る、近年日本でも主流となりつつあるクラウドファンディングサービス。

3回目の開催となる「ユニドル」も、イベント自体をもっと知ってもらえるように、出場する女の子たちにより良い環境を提供したいという思いなどから「MotionGallery」にて、支援金を募り、チケットは「ユニドル」というプロジェクトを応援するという形で購入することができる。

4月に開催された第2回目「ユニドル」では、本物のアイドルに勝るとも劣らない圧巻のダンスパフォーマンスが次々と披露された。第3回目となる今回は一体どのようなステージが繰り広げられるのだろうか。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「オーディエンス」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 40

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
新宮下公園「MIYASHITA PARK」 6月オープン 商業施設、ホテルと一体化
連載
渋谷万歳
全75記事

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ