74

「中国産の割り箸を長時間水につけると毒素で濁る」? 都市伝説を検証してみた!

中国産の割り箸を2時間、水につけてみた!

ここ数年間、ネットやSNSを中心に中国産の割り箸を水につけると色が濁るという都市伝説的な記事を目にするようになりました。

そこでは漂白剤防カビ剤など数々の有毒物質や発がん性物質が製造過程で使用されていると書かれており、実際に水につける実験が行われ、その多くが水の色の変化などを見せています。

この言説は、危険性を察した多くのユーザーによりSNSなどで拡散され、特にFacebookでは多くの「シェアさせていただきます!」数を誇り、さらにここ数日で新たな記事があがり再燃焼しています!

全くの根拠のない都市伝説だとこき下ろす記事もあり、真相は不明なまま。それでもなお、その眉つばものの情報は現在も拡散され続けています。

そんな私たちが日常的に口にしている割り箸。「実際のところどうなんだ?」と気になってしょうがなかったので、純然なる知的好奇心から、2時間ほど割り箸を水につけて検証してみました!!

自由研究気分で実証実験スタート♪

中国製の割り箸

ウキウキ♪

この実験に参加したのは、好奇心が旺盛すぎる筆者・コダック川口。

夏休み最後の自由研究といった気分で、ウキウキしながら用意したのは中国製の割り箸グラスに注いだ水道水

気分はマッド・サイエンティスト!

割り箸を水の中へ! 3…2…1…! チャポーン!

なかなか沈まないのがちょっと怪しいですが、材質が木だから当たり前か……。 あとは、ただひたすらに待ちます……。

1
2
3

こんな記事も読まれています

30
Share
5
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

日本製と中国製のを同時に実験して照り合わせないと、とは思いますよね

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ